*

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)「地球に落ちて来た男」(ネタバレあり)

公開日: : David Bowie

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)「地球に落ちて来た男」

デヴィッド・ボウイが主演し1976年に公開された映画「地球に落ちて来た男」が、全国のミニシアターで順次公開されている。横浜はジャック&ベティで一週間限定公開となり、先日観に行ってきた。

トーマス・ジェローム・ニュートンと名乗る、イギリス人の男がいた。ニュートンは9つの特許を持ち、巨大企業を立ち上げて富を獲得し、有能な弁護士や技術者を雇って謎の研究を進める。実はニュートンは宇宙人で、砂漠化した自分の母星に地球の水を持ち帰り、家族を救おうとしていた。

ニュートンを演じるボウイは色白で細身で華奢で、頬もこけている。アルバム『David Live』のジャケットのイメージとほぼ同じ見た目で、このときまだドラッグ漬けの最中だったはずだ。トム大佐やジギー・スターダストなど、宇宙的なイメージや異星人キャラクターを発信してきたボウイだが、演技をしているというより、この時期のこの人そのままと思える瞬間がいくつもあって、とても興味深かった。

科学者が研究の目的に気づき、ニュートンと対話するシーンがあるのだが、そこで宇宙船を思わせる狭い空間に入る。このイメージは、『Station To Station』のジャケットに生かされている。『Low』の横顔ジャケットも、このときのスチール写真を使ったのだとか。故郷の星でニュートンを待つ家族のシーンは、後の『Ashes To Ashes』のPVの原型のようにも見える。

設定は緻密とは言い難いし、わけのわからないシーンも少なくない。不必要に和風のテイストも入っている。ボウイに強い思い入れがある人でなければ観るのがきつい、カルト作品だが、個人的にはボウイやその作品にいろいろ思いを馳せることができたし、楽しませてもらった。

関連記事

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬@ジャック・アンド・ベティ

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬@ジャックアンドベティ

デヴィッド・ボウイやマーク・ボランの写真を撮った、鋤田正義さんのドキュメンタリー映画「SUK

記事を読む

鋤田正義展

鋤田正義展(2012年9月)

写真家鋤田正義の展示会が2箇所で行われていて、はしごしてきた。 まずは、恵比寿ガーデン

記事を読む

ミック・ロンソン・メモリアル・コンサート

93年4月に亡くなった、ミック・ロンソン。その1年後にロンドンで追悼コンサートが開催されてお

記事を読む

2013年のソニービル

2013年3月、銀座ソニービル1階のカフェが期間限定でデヴィッド・ボウイ・カフェになり、行っ

記事を読む

Pen(ペン) 2017年 2/1号 [デヴィッド・ボウイを見たか。]

penという、ファッションやアート、音楽などのカルチャーをテーマとする雑誌がある。1月16日

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑