*

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

SHERLOCK  忌まわしき花嫁

SHERLOCK』は、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが21世紀を舞台に活躍する、新感覚のホームズだ。‎しかし、今回の舞台は、1895年ビクトリア朝時代のロンドンだ。

軍医として出兵していたワトソンは負傷して帰還。自分と同じく下宿を探しているというホームズと知り合う。ホームズは難事件を次々に解決し、ワトソンはそれを小説として世に出していた。

レストレード警部は、いつものように難事件を持ち込む。花嫁姿の女性がバルコニーから銃を乱射し、その女性は自ら命を絶ったように思われていたが、数日後その女性は夫の前に現れ、夫を撃ち殺す。2人は、解決に向けて取り組んでいく。

しかし中盤になり、事態は大きく急変する。

まだ公開中なので詳細は自重するが、中盤の急変を「そういうことか!」と狂喜するか、「なんじゃこりゃ?」と取り残されるかは、シーズン1~3のドラマを事前に観ているかいないかで決まる。そもそも、21世紀を舞台にしているはずの『SHERLOCK』が、なぜ今回に限り原作と同じ19世紀末が舞台になるのか。ぱっと見はシーズン1~3とはかけ離れた、独立した物語のように思われたのだが、実はシーズン3と今後放送予定のシーズン4とを結びつける役割を担っているのだ。

本編に先駆けて脚本家スティーヴン・モファットによるホームズの部屋の細かい解説があり、本編の後にも‎メイキングがあり、同じく脚本家でシャーロックの兄マイクロフトを演じるマーク・ゲイティスが、ベネディクト・カンバーバッチやマーティン・フリーマンといった、主要キャラクターにインタビューしている。

シーズン1~3を観ていたワタシは、もちろん狂喜した方だ。1年前の年末年始にはロンドンに行き、ベイカーストリートのシャーロック・ホームズ博物館や『SHERLOCK』でのロケ地に行っていたこともあり、なおさらだった。今回の『忌まわしき花嫁‎』の撮影は去年1月から始まったそうで、ワタシが訪れた数週間後ということになる。

関連記事

SHERLOCK(シャーロック)(2)

ワタシは原作を読んでおらず、予備知識としてあるのは2010年に公開された映画『シャーロック・

記事を読む

SHERLOCK(1)

SHERLOCK(シャーロック)(1)

アーサー・コナン・ドイル原作の『シャーロック・ホームズ』を元に、イギリスBBC放送が制作

記事を読む

シャーロック・ホームズ(新潮文庫)全10冊を読んだ

ロバート・ダウニーJr.主演の映画、ベネディクト・カンバーバッチ主演のBBCテレビドラマ、ロ

記事を読む

シャーロック・ホームズ(2010)

19世紀のイギリス。若い女性が次々に妖しい儀式にて殺害されるが、ホームズは現場をつきとめ、そ

記事を読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011)

ヨーロッパ各地で連続爆破事件が起こり、世間はドイツとフランスの対立激化としている中、シャーロ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑