*

ジュラシック・パーク(1993年)

ジュラシック・パーク

資産家のハモンドは、恐竜の血を吸った蚊の化石から恐竜のDNAを採取し、現代に復元。恐竜を観覧できる巨大動物園を島に作ることを試みる。ハモンドは、島の一般公開前に生物学者や数学者らを招いて検証を依頼。そのさなか、島内のコンピューター制御が効かなくなってしまい、パークが一転して弱肉強食の世界になってしまい、恐竜が人間を襲ってくる。

スティーヴン・スピルバーグが久々に自ら監督した作品だが、恐竜をねたにしたファンタジー作品かと思いきや、パニックムーヴィーの仕上がりだ。バイオテクノロジーの進化とリスクが背中合わせになるさまは、架空の話ではなく現実に起こりうるのではと思わされる。

主人公グラント博士はサム・ニール、グラントの恋人サトラー博士がローラ・ダーンという人。どこかで観たようなと思い調べたら、「アイ・アム・サム」でルーシーを引き取る里親役の人だった。そして、ハモンドはなんとリチャード・アッテンボロー。「大脱走」のイメージしかなかったので、白髪で小太りの風貌は観てもその人とはわからなかった(汗)。

更には、サミュエル・L・ジャクソンが、パークを運営するエンジニアのひとりとして出演していた。ハモンドの信頼おける部下のひとりだったが、直接的なシーンこそないものの、結局恐竜の犠牲になってしまう。かなりのヘビースモーカーという設定だ。

関連記事

ジュラシック・ワールド/炎の王国

ジュラシック・ワールド/炎の王国(ネタバレあり)

ジュラシック・ワールドの惨劇から数年後。人間は島から撤退したが、恐竜たちは引き続き島で生息し

記事を読む

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年)

マルコム博士は、ハモンド会長に呼び出される。ジュラシック・パークがあったのは島の中のサイトA

記事を読む

ジュラシック・ワールド(ネタバレあり)

ジュラシック・ワールド(ネタバレあり)

「ジュラシック・パーク」の惨劇から約20年。島の運営をジョン・ハモンド引き継いだマスラニ社は

記事を読む

ジュラシック・ワールド(2015年)

ジュラシック・パークの惨劇から22年。インジェン社はマスラニ社に買収され、CEOのマスラニは

記事を読む

ジュラシック・パーク3(2001年)

研究費の工面に苦慮していたグラント博士は、カービー社の社長ポールの依頼により、ソルナ島上空飛

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑