*

ジョニー・マー(Johnny Marr)@フジロック’15

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Fuji Rock Festival'15 ,

2000年にはヒーラーズを従えて、そして数年前にはクリブスの助っ人として、フジのステージに立っているジョニー・マー。そして今回は、ソロ名義でのグリーンステージ登場だ。

ギターをかきならし、上体を小刻みに揺らしながらマイクスタンドに向かって歌うマーの姿が、たまらなくカッコいい。そして、2曲目で早くもスミスナンバー『Stop Me If You Think You’ve Heard This One Before』だ。この曲の生音が苗場に響き渡るとは、夢のようだ。

スミス解散以降、数々のバンドに加わっては抜け、を続けてきて、まさかこの人がソロ活動をするなど思ってもみなかった。それが既に2枚のソロアルバムを出し、地に足をつけて高らかに歌い、ギターを鳴らしている。サマソニでもライヴを観てはいるが、今回は更に安定感が増すと同時に、攻めの姿勢がびしびしと伝わってくる。

優れたギタリストは、ギターを自分の手足の一部のように操ると思っていて、この人もそうだ。特に大きなアクションもないのに、その指からは魔法のようなメロディーラインがあっさりと繰り出されてくる。

ソロ曲がしっかりしているからこそ、スミスナンバーは更なるダメ押しになるのだ。『Bigmouth Strikes Again』『There Is a Light That Never Goes Out 』といった曲が持つ魔力が、懐メロではなく今現在の音として伝わってくる。バーナード・サムナー色の濃いエレクトロニックの曲も、マーバージョンになると新鮮だ。

ラストは『How Soon Is Now?』だった。いくらなんでも、サービスしすぎでは(笑)?

関連記事

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’15(Fuji Rock Festival)、日別ラインナップ発表

2日前だが、公式サイトにて出演アーティストの追加、および出演日の発表があった。 まずは追加アー

記事を読む

ライド(Ride)@フジロック’15

セットチェンジでバックドロップに「RIDE」の文字が掲げられただけで、テンションが上がった。そして日

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’15(Fuji Rock Festival)、タイムテーブル発表

今日、公式サイトにて出演アーティストの最終発表とタイムテーブルの発表があった。 出演アーティストは

記事を読む

ミューズ(Muse)@フジロック’15

フジロックとサマソニに交互に出演する、日本にフレンドリーなミューズ。フジ出演は5年ぶりだ。土曜夜ヘッ

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’15(Fuji Rock FestivAl)、ヘッドライナー最後の枠はノエル・ギャラガー!?

再結成しフジロックへの出演が決まっているライド。ヴォーカルのマーク・ガードナーが、下記のようなツイー

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑