*

チャイルド44 森に消えた子供たち(ネタバレあり)

公開日: : 最終更新日:2016/10/27 スパイもの

1953年、スターリン独裁政権下のソ連。理想国家がうたわれ、殺人は西側諸国による野蛮な行為で、ソ連では起こらないこととされていた。秘密警察MBGのレオは、親友の捜査官の息子の変死をきっかけに真相究明に乗り出すが、不当な容疑をかけられた妻ライーサを庇ったために、地方に左遷される。

左遷先の警察署長とは、当初そりが合わなかったレオ。しかしその地でも少年の殺人事件が起こり、署長にも小さい子供がいたことから、レオは真相究明の協力者にすることに成功する。一方モスクワの秘密警察は、かつてレオの部下だったワシーリーが。レオとライーサを追い詰めようとする。

原作は実際に起こった事件をもとに書かれた小説で、すこぶる評価が高い反面、ロシアでは発売禁止扱いになっているという。なので原作ファンも少なくなく、この映画はぶっちゃけあまり評判がよろしくない。原作にあった重要な要素、ウクライナ飢饉やレオの少年時代の描写などが、ばっさり落とされているそうだ。

しかし、原作を全く知らない身としては、大いに楽しませてもらった。「ドラゴン・タトゥーの女」に近い空気感があり、話が二転三転するスリリングな展開もいい。ラストでレオは秘密警察に返り咲くと、新しい部署の設立を上司に進言し承諾される。その部署が、ソ連のスパイ組織KGBになるわけだ。また、当初は愛のない結婚だったレオとライーサの絆も強まり、希望を見出だせる終わり方をしている。

キャストは、かなり豪華だ。レオをトム・ハーディ、ライーサをノオミ・ラパス、左遷先の署長をゲイリー・オールドマン、かつての部下でレオを追うワシーリーをジョエル・キナマン。監督は「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ、製作は大御所リドリー・スコットだ。

トム・ハーディは、現在「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が公開中だが、ここで駆使するのは銃器でもクルマでもなく、むしろ頭脳戦。肉体美を披露することもなく、性格俳優としてもやれることを証明している。ゲイリー・オールドマンとの共闘は、「ダークナイト・ライジング」のベインとゴードン警部を思い起こすととても興味深いし、クライマックスでのジョエル・キナマンとの対決は、ベインVSロボコップだ(笑)。

というわけで、機会があれば今度は原作にもチャレンジしてみようかと。

No tags for this post.

関連記事

コードネームU.N.C.L.E.

コードネームU.N.C.L.E.(ネタバレあり)

1960年代。CIAスパイのナポレオン・ソロは、核兵器開発をさせられている博士がローマに現れ

記事を読む

キングスマン

キングスマン(ネタバレあり)

ロンドン。実父を10数年前に亡くしているエグジーは無職でふらふらしていたが、ある日仕立て屋ハ

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑