*

ユリイカ 総特集 シャーロック・ホームズ

公開日: : 最終更新日:2015/10/31 シャーロック・ホームズ

ユリイカ 2014年8月臨時増刊号 総特集◎シャーロック・ホームズ

何度か手にとって読んだことのある文芸批評誌「ユリイカ」。今年7月にシャーロック・ホームズを特集した号が発売されたことを知り、読んでみた。

軸になっているのは、舞台を21世紀のロンドンに置き換えたBBCドラマ「SHERLOCK」だ。ホームズ役のベネディクト・カンバーバッチや脚本家などのインタビュー、各話の解説など。そして最もありがたかったのは、コナン・ドイルの原作との関連性だ。

ドラマ映画の知識のみのワタシにとっては、原作をどう組み込んでいるのか、オリジナリティーをどのようにふくらませているのかが最も知りたいところだった。スマートフォンやノートパソコンなどの機器を駆使し、ブラックキャブに乗ってロンドン市内を駆け巡るホームズとワトソンがインパクトを以て観る側に迫ってくるのだが、もちろん原作をないがしろにしてはいなかった(当たり前か)。

シャーロック・ホームズの熱烈なファンのことを「シャーロキアン」と言うことを、この本を読んではじめて知った。また日本シャーロック・ホームズ・クラブなる団体があるらしく、そのトップの方も文章を寄せられていた。江戸川乱歩や横溝正史といった。日本を代表するミステリー作家による評もあり、ホームズの影響力の大きさを思い知らされる。

というわけで、現在はコナン・ドイルの原作と格闘中。

No tags for this post.

関連記事

シャーロック・ホームズ(新潮文庫)全10冊を読んだ

ロバート・ダウニーJr.主演の映画、ベネディクト・カンバーバッチ主演のBBCテレビドラマ、ロ

記事を読む

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

SHERLOCK 忌まわしき花嫁

「SHERLOCK」は、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンが21世紀を舞台に活躍する、

記事を読む

SHERLOCK(シャーロック)(2)

ワタシは原作を読んでおらず、予備知識としてあるのは2010年に公開された映画「シャー

記事を読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011)

ヨーロッパ各地で連続爆破事件が起こり、世間はドイツとフランスの対立激化としている中、シャーロ

記事を読む

SHERLOCK(1)

SHERLOCK(シャーロック)(1)

アーサー・コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ」を元に、イギリスBBC放送が制作

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑