*

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひとりで登場し、弾き語りで1曲披露。この後、フルバンドにシフトする。ギター、ベース、ドラム、女性キーボードの5人組だ。

疾走感に満ちたギターロックが心地よく、時折シンクロする、デジタルチックなキーボードの音色がとても効果的だ。小細工のない、正面きってのパフォーマンスには好感が持てるし、まだまだ伸びしろのあるバンドだと思う。

ライヴ開始直後、ハートブレイクスがミニライヴのため脇を通っていった。

関連記事

ジェームス・イハ(James Iha)@フジロック’14 #fujirock

James Iha@Orange Courtギター、キーボード(堀江博久)、イハという、シンプルな編

記事を読む

Flowers Of Romance image

18回目のフジロック

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国) フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ

記事を読む

Flowers Of Romance image

オーウェン・パレット(Owen Pallett)@フジロック’14 #fujirock

アーケイド・ファイアのサポートもしているオーウェン・パレットは、昨夜の彼らのステージにも立ち、バイオ

記事を読む

Flowers Of Romance image

スロウダイヴ(Slowdive)@フジロック’14 #fujirock

実に19年ぶりに再結成したスロウダイヴは、ドラム、ベース、ギター、ギター(左利き)、そして女性ヴォー

記事を読む

Flowers Of Romance image

「Youは何しに日本へ?」でフジロックが!

テレビ東京で、関東では毎週月曜日に放送されている、「Youは何しに日本へ?」という番組がある。日本を

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑