*

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあった。歌というより語りが延々と続く、かなり実験的なスタイルだったからだ。

がしかし、ギターの小山田圭吾やあらきゆうこ、チボ・マットの人など、豪華なバックがアンビエントなサウンドにてサポートし、ロックミュージックとして成立させている。

オノ・ヨーコは、現在なんと80歳!もしかして、フジロック全出演者中最年長なのでは?しかし体型は細身で声もシャープ、発せられるエネルギーの力強さに圧倒させられる。

関連記事

ジェームス・イハ(James Iha)@フジロック’14 #fujirock

James Iha@Orange Courtギター、キーボード(堀江博久)、イハという、シンプルな編

記事を読む

Flowers Of Romance image

アーケイド・ファイア(Arcade Fire)@フジロック’14 #fujirock

9年前にサマーソニックのソニックステージ中盤で、6年前にスタジオコーストで観たアーティストが、フジロ

記事を読む

Flowers Of Romance image

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@フジロック’14

アーケイド・ファイア終了直後に林道をダッシュ。今まで何10回となく歩いている林道だが、最速でホワイト

記事を読む

Flowers Of Romance image

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型

記事を読む

Flowers Of Romance image

キング・オールスターズ(The King All Stars)@フジロック’14 #fujirock

加山雄三を佐藤タイジやウエノコウジ、名越由貴夫、武藤昭平(勝手にしやがれ)、モンゴル800のキヨサク

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑