*

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあった。歌というより語りが延々と続く、かなり実験的なスタイルだったからだ。

がしかし、ギターの小山田圭吾やあらきゆうこ、チボ・マットの人など、豪華なバックがアンビエントなサウンドにてサポートし、ロックミュージックとして成立させている。

オノ・ヨーコは、現在なんと80歳!もしかして、フジロック全出演者中最年長なのでは?しかし体型は細身で声もシャープ、発せられるエネルギーの力強さに圧倒させられる。

関連記事

Flowers Of Romance image

ザ・ポーグス(The Pogues)@フジロック’14

開演時間が15分以上遅れ、ちょっとだけヒヤヒヤした。2005年にフジロックに出演してはいるが、ワタシ

記事を読む

セイント・ヴィンセント(St.Vincent)@フジロック’14

開演前のレッドマーキー 数年前にサマソニで観たときは、正直言って微妙だったが、今回はす

記事を読む

Flowers Of Romance image

フォスター・ザ・ピープル(Foster The People)@フジロック’14

観るのは数年前のサマソニ以来だが、彼らは更に力をつけた。ドラムとパーカッションによるビートの厚みに乗

記事を読む

ドラゴンドラ

ドラゴンドラ乗るのは、2002年、2012年に続いて3回目。

記事を読む

Flowers Of Romance image

The 3 O’clock@フジロック’14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテラ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑