*

The 3 O’clock@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテランとか。しかし、ビートを効かせた骨太なサウンド、決してスマートではないが粗削りでエモーショナルな歌は、ベテランというよりむしろ永遠の若手のようだ。終盤では、ビートルズ『Tomorrow Never Knows』のカヴァーも。

関連記事

Flowers Of Romance image

ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)@フジロック’14

グリーンステージでは、30分前からヘッドライナーのフランツ・フェルディナンドのライヴが始まっているは

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)@フジロック’14

個人的には、厳しいステージだった。もともとグリーンステージにブッキングされたときから違和感はあったが

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・ポーグス(The Pogues)@フジロック’14

開演時間が15分以上遅れ、ちょっとだけヒヤヒヤした。2005年にフジロックに出演してはいるが、ワタシ

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 初日と2日目は快晴で、とにかく暑かった。気温は2日目の方が上がったが、日差しは初日の方がキ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑