*

ベースメント・ジャックス(Basement Jaxx)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

グリーンステージでは、30分前からヘッドライナーのフランツ・フェルディナンドのライヴが始まっているはずなのだが、にもかかわらず混雑ぶりは凄まじかった。99年のアンダーワールドや2001年のニュー・オーダーもきっとこんなだったのだろうと、一瞬思いを馳せた。

プログラミング、ギター、ドラム、パーカッションというバンド編成を基本とし、ヴォーカリストが入れ替わり登場して、その都度シフトチェンジした。パワフルな黒人女性2人組、ボディコンのアジア系っぽい女性2人組、黒人女性トリオ、男性黒人ヴォーカルと、まあ目まぐるしい。しかし曲間を切らすことはほとんどなかった。

衣装は、最初は何かのコスプレかと思ったが、どうやら空がテーマと思われ、青い空と白い雲、レインボー柄などが見てとれた。ド派手なライティング、分厚いビートが、ホワイトステージを巨大ダンスフロアに変えた。暴言を承知で言わせてもらえれば、フランツを3度もグリーンのヘッドライナーに据えるくらいなら、ベスジャにチャンスをあげてもよかったのではと思う(1度クロージングをやってるけど)。

初日終了!雨は降らず、日中は暑すぎ。2日目も楽しみます。

関連記事

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)、終了!

フジロックフェスティバル'14終了前夜祭から数えて4日間に渡ったフジロック、ワタシはポーグスで終了。

記事を読む

Flowers Of Romance image

18回目のフジロック

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国) フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ

記事を読む

Flowers Of Romance image

スロウダイヴ(Slowdive)@フジロック’14 #fujirock

実に19年ぶりに再結成したスロウダイヴは、ドラム、ベース、ギター、ギター(左利き)、そして女性ヴォー

記事を読む

Flowers Of Romance image

ロード(Lorde)@フジロック’14 #fujirock

若干17歳。新人にしてグラミー受賞。ニュージーランドの新星。歌姫。果たしてその実体は・・・。 彼女

記事を読む

Flowers Of Romance image

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあっ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑