*

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型に配置し、向かって右のプレーヤーがヴォーカルとプログラミングとベース、左のプレーヤーはシンセドラムが中心だった。

バックドロップは3つのひし形を中心とするLEDスクリーンになっていて、時に燃えさかる炎、時にアブストラクトな映像、時に赤く閃光、といった具合だった。途中間が空いてしまうこともありはしたが、パフォーマンスとしては上々。新しきテクノアーティストとして、ケミカルブラザーズを駆逐できるよう成長してほしい。

関連記事

Flowers Of Romance image

テンプルズ(Temples)@フジロック’14

セッティングはメンバーたちが自分でやっていて、新人らしいなと思った。しかしライヴパフォーマンスの方は

記事を読む

Flowers Of Romance image

The 3 O’clock@フジロック’14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテラ

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)@フジロック’14

個人的には、厳しいステージだった。もともとグリーンステージにブッキングされたときから違和感はあったが

記事を読む

CROSSBEAT Special Edition フジロック&サマーソニック完全ガイド

CROSSBEAT Special Edition フジロック&サマーソニック完全ガイド

8月末に発売された、フジロックとサマーソニック速報の本をネットで購入した。しかし自宅に届いた

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)を振り返る(2) – アーティスト編

【ベスト】 アーケイド・ファイア 【期待以上によかった】 ロード、キング・オールスターズ、スロウダイ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑