*

高橋幸宏@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

In Phaseという、昨年から活動しているバンドによるパフォーマンスだ。ベース高桑、ギター鈴木、トランペット権藤、キーボード堀江、そしてギターにジェームス・イハ。堀江とイハは、オレンジコートに次ぐステージとなる。

幸宏はドラムを叩きながらのヴォーカルで、いつもながらに爽やかで透明感のある歌声が心地いい。野外の環境にもフィットしていると思う。権藤や堀江は曲によりパートを変える職人ぶりを発揮。高桑はコーラス、鈴木はギターソロが、共に映える。

そしてイハだが、自分のステージではほぼセミアコだったのが、ここではレスポールとSGを使い分け、ほとんどの曲でリードギターを担う。そして、この編成でイハ自身の曲までやってしまった。先ほどは3人編成だったが、今度はバンドバージョン。しかも幸宏がドラムという、贅沢なスタイルでだ。ワタシにとっては、1日に2つのスタイルのイハを観られたのが嬉しかった。

No tags for this post.

関連記事

Flowers Of Romance image

18回目のフジロック

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国) フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ

記事を読む

Flowers Of Romance image

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

【天候】 初日と2日目は快晴で、とにかく暑かった。気温は2日目の方が上がったが、日差しは初日の方がキ

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)@フジロック’14

個人的には、厳しいステージだった。もともとグリーンステージにブッキングされたときから違和感はあったが

記事を読む

Flowers Of Romance image

The 3 O’clock@フジロック’14

ギター、ベース、ドラム、キーボードの4人組は、パンフレットによると80年代から活動を続けているベテラ

記事を読む

Flowers Of Romance image

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあっ

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑