*

高橋幸宏@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

In Phaseという、昨年から活動しているバンドによるパフォーマンスだ。ベース高桑、ギター鈴木、トランペット権藤、キーボード堀江、そしてギターにジェームス・イハ。堀江とイハは、オレンジコートに次ぐステージとなる。

幸宏はドラムを叩きながらのヴォーカルで、いつもながらに爽やかで透明感のある歌声が心地いい。野外の環境にもフィットしていると思う。権藤や堀江は曲によりパートを変える職人ぶりを発揮。高桑はコーラス、鈴木はギターソロが、共に映える。

そしてイハだが、自分のステージではほぼセミアコだったのが、ここではレスポールとSGを使い分け、ほとんどの曲でリードギターを担う。そして、この編成でイハ自身の曲までやってしまった。先ほどは3人編成だったが、今度はバンドバージョン。しかも幸宏がドラムという、贅沢なスタイルでだ。ワタシにとっては、1日に2つのスタイルのイハを観られたのが嬉しかった。

関連記事

ドラゴンドラ

ドラゴンドラ乗るのは、2002年、2012年に続いて3回目。

記事を読む

Flowers Of Romance image

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型

記事を読む

Flowers Of Romance image

アーケイド・ファイア(Arcade Fire)@フジロック’14 #fujirock

9年前にサマーソニックのソニックステージ中盤で、6年前にスタジオコーストで観たアーティストが、フジロ

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・ポーグス(The Pogues)@フジロック’14

開演時間が15分以上遅れ、ちょっとだけヒヤヒヤした。2005年にフジロックに出演してはいるが、ワタシ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑