*

高橋幸宏@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

In Phaseという、昨年から活動しているバンドによるパフォーマンスだ。ベース高桑、ギター鈴木、トランペット権藤、キーボード堀江、そしてギターにジェームス・イハ。堀江とイハは、オレンジコートに次ぐステージとなる。

幸宏はドラムを叩きながらのヴォーカルで、いつもながらに爽やかで透明感のある歌声が心地いい。野外の環境にもフィットしていると思う。権藤や堀江は曲によりパートを変える職人ぶりを発揮。高桑はコーラス、鈴木はギターソロが、共に映える。

そしてイハだが、自分のステージではほぼセミアコだったのが、ここではレスポールとSGを使い分け、ほとんどの曲でリードギターを担う。そして、この編成でイハ自身の曲までやってしまった。先ほどは3人編成だったが、今度はバンドバージョン。しかも幸宏がドラムという、贅沢なスタイルでだ。ワタシにとっては、1日に2つのスタイルのイハを観られたのが嬉しかった。

No tags for this post.

関連記事

ロッキングオン、夏フェス特集

毎月1日に発売されるロッキングオンは、9月発売号はフジロックとサマーソニックの夏フェス特集を

記事を読む

Flowers Of Romance image

オーウェン・パレット(Owen Pallett)@フジロック’14 #fujirock

アーケイド・ファイアのサポートもしているオーウェン・パレットは、昨夜の彼らのステージにも立ち、バイオ

記事を読む

IMG-20140726-01291.jpg

セイント・ヴィンセント(St.Vincent)@フジロック’14

開演前のレッドマーキー 数年前にサマソニで観たときは、正直言って微妙だったが、今回はす

記事を読む

Flowers Of Romance image

マニック・ストリート・プリーチャーズ(Manic Street Preachers)@フジロック’14

アーケイド・ファイア終了直後に林道をダッシュ。今まで何10回となく歩いている林道だが、最速でホワイト

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・フレーミング・リップス(The Flaming Lips)@フジロック’14

個人的には、厳しいステージだった。もともとグリーンステージにブッキングされたときから違和感はあったが

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑