*

テンプルズ(Temples)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

セッティングはメンバーたちが自分でやっていて、新人らしいなと思った。しかしライヴパフォーマンスの方は、新人らしからぬ風格が漂い、既に自分たちのスタイルを確立していた。サイケでポップなサウンドは、古臭くなくむしろ新鮮。そして1曲1曲が長尺で、ドラマティックな展開を見せていた。Hostessがプッシュするわけだ。

関連記事

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・ストライプス(The Strypes)@フジロック’14

去年今年で何度も来日しているストライプスだが、個人的にやっとお目にかかれるときが来た。4人は黒を基調

記事を読む

Flowers Of Romance image

キング・オールスターズ(The King All Stars)@フジロック’14 #fujirock

加山雄三を佐藤タイジやウエノコウジ、名越由貴夫、武藤昭平(勝手にしやがれ)、モンゴル800のキヨサク

記事を読む

Flowers Of Romance image

トラヴィス(Travis)@フジロック’14 #fujirock

フジロック出演は2001年、2008年に続いて3回目。ヘッドライナーでもいいくらいのバンドだが、2日

記事を読む

Flowers Of Romance image

ディスクロージャー(Disclosure)@フジロック’14

若きテクノユニットは、しかしデジタル一辺倒ではなく、肉体性に溢れるステージだった。2つの卓をハの字型

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑