*

テンプルズ(Temples)@フジロック’14

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

セッティングはメンバーたちが自分でやっていて、新人らしいなと思った。しかしライヴパフォーマンスの方は、新人らしからぬ風格が漂い、既に自分たちのスタイルを確立していた。サイケでポップなサウンドは、古臭くなくむしろ新鮮。そして1曲1曲が長尺で、ドラマティックな展開を見せていた。Hostessがプッシュするわけだ。

関連記事

ロッキングオン、夏フェス特集

毎月1日に発売されるロッキングオンは、9月発売号はフジロックとサマーソニックの夏フェス特集を

記事を読む

Flowers Of Romance image

ザ・ポーグス(The Pogues)@フジロック’14

開演時間が15分以上遅れ、ちょっとだけヒヤヒヤした。2005年にフジロックに出演してはいるが、ワタシ

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

Flowers Of Romance image

ロード(Lorde)@フジロック’14 #fujirock

若干17歳。新人にしてグラミー受賞。ニュージーランドの新星。歌姫。果たしてその実体は・・・。 彼女

記事を読む

Flowers Of Romance image

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあっ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑