*

アーセナル VS カーディフ(2014年1月1日)

公開日: : 最終更新日:2019/04/20 ロンドン旅行2013年12月-2014年1月

アーセナルVSカーディフ

この時点でリーグ首位のアーセナル。迎えたのは、今年プレミアに昇格したカーディフだ。カーディフの選手はほとんど知らないが、ひとりだけ、韓国代表の若いFWがいることは知っていた。一方のアーセナル、スタメンにはポドルスキーやウォルコットらが名を連ね、ベンチには宮市がいた。司令塔のエジルは、残念ながらベンチ外。

アーセナルVSカーディフ

15時に試合開始。アーセナルがボールを終始支配し、左サイドからボールをあげる攻撃が続いたが、ポドルスキーにもウォルコットにもなかなか合わず、結局前半は無得点で折り返した。

後半、アーセナルはポドルスキーとあとひとりを下げ、代わりにベントナーとロシツキーを投入。ロシツキーの動きがよく、この人の波及効果でチームに躍動感が出てきた。それでもなかなかゴールをこじあけることができず、こりゃスコアレスドローかと思っていたところ、後半44分にベントナーが決め、先制。しかしベントナーは相手GKと接触して足を痛めたようで、直後に交代。これでアーセナルは交代枠を使いきり、宮市の出番はなくなった。

この後ロスタイムにウォルコットが決め、試合は2-0でアーセナルが勝利した。ウォルコットはこの後の試合で大ケガしてしまい、今期絶望的なばかりか、ワールドカップも難しいという。この試合が、負傷前の最後の勇姿になってしまった。

クラブレベルは中2階席だったのだが、ワタシの席の真下の1階席には、カーディフサポーターが集まっていた。ベントナーやウォルコットがゴールを決めたとき、スタジアム内は歓喜していたところ、カーディフサポーターたちは憮然とした表情をし、アーセナルサポーターに向かって裏ピースをやっていた。

こうして、試合は2-0でアーセナルの勝利。プレミアビッグ4の一角にして、首位争いをしているチームのホームゲームでの勝利を見ることができて、嬉しかった。帰りは予想通りに混んだが、雨の中を気を落ち着けて駅に向かい、アーセナル駅から地下鉄に乗った。

関連記事

大英博物館

大英博物館(2014年1月3日)

10時前にホテルをチェックアウトし、スーツケースは預かってもらう。タクシーに乗り、大英博物館まで。余

記事を読む

O2アリーナ外観

エミレーツエアライン~O2アリーナ(2013年12月31日)

冬のロンドンは日が短い。日の出は8時頃、日の入りは16時頃だ。日が落ちる前にホテルに戻りたかったが、

記事を読む

エミレーツスタジアム

エミレーツ・スタジアム(2014年1月1日)

アーセナルFCのホームグラウンド、エミレーツ・スタジアム。立派な外観を観ただ

記事を読む

ハリー・ラムデンズ

フィッシュ&チップス(2014年1月3日)

前日はアフタヌーンティーをいただき、そしてこの日のお昼はフィッシュ&チップス狙い。しかし、かなり苦戦

記事を読む

ピカデリーサーカス

ロンドン旅行雑感

観光以外の細かいことで、思ったこと、感じたことをいくつか。 【気候】 事前に調べた限

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑