*

Thee Mitchelle Gun Elephant『Burning Motors Go Last Heaven』

公開日: : 最終更新日:2021/10/11 Thee Mitchelle Gun Elephant

Thee Mitchelle Gun Elephant『Burning Motors Go Last Heaven』

ミッシェル・ガン・エレファントは、2003年10月11日に幕張メッセでラストライヴを行い、解散。そのライヴは、『Burning Motors Go Last Heaven』としてDVD化されている。

このライヴはワタシも実際に観に行ったのだが、そのときに体感したことと、改めて観るDVDとでは、かなりイメージが違う。まあ、客として幕張メッセに足を運んだときは1箇所からずっと見続けていたし、片やDVDはカメラワークを駆使して熱狂するオーディエンスや、メンバーの表情をアップで捉えたりするなどしているので、ある意味当然かもしれないけど。そしてこのDVDの構成だが、個人的にはいろいろと不満がある。

まずは出だしだが、唐突に1曲目『ドロップ』の演奏から始まっている。さっさと始めちまえってことかもしれないけど、開演前の熱狂ぶりやゴッドファーザーのテーマが流れたときの歓声も、収めてくれてもよかったと思う。そしてこの『ドロップ』のときだけカメラが落ち着かず、非常に観づらい(わざと?)。2曲目『ゲット・アップ・ルーシー』以降はカメラも定まるのだが、今度はメンバーのアップばかりが多かったように思う。ステージ両端には巨大スクリーンがあったのだし、『エレクトリック・サーカス』のときは両端ではなくメンバー後方のスクリーンが稼動したのだが、このDVDではそうした様子もわかりにくい。

もちろん不満ばかりではなく、現地では観れずこのDVDでしか観れない貴重なシーンが収められていることへの喜びもある。それは、アンコールが終わった後の楽屋だ。画像はモノクロになり、階段を上がって楽屋に入るメンバーを、淡々と捉えるカメラ。メンバー4人はそれぞれに握手を交わし、笑みを浮かべる。カメラは場内を写すモニターや、壁にかけられた時計なども捉えていた。

関連記事

アベフトシさん死去

元ミッシェル・ガン・エレファントのギタリスト、アベフトシさんが今日未明に亡くなった。死因は急

記事を読む

ミッシェル・ガン・エレファント『THEE MOVIE-LAST HEAVEN 031011』

ミッシェル・ガン・エレファントのドキュメンタリー映画『THEE MOVIE』を観た。バンドの

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑