*

復讐するは我にあり(1979年)

公開日: : 最終更新日:2021/10/05 邦画

復讐するは我にあり(1979年)

昭和38年10月。前科4犯の榎津厳は福岡で2人を殺害して現金を奪い、その後も浜松で旅館を営む母娘を、東京では弁護士を殺害し、その都度詐欺を働いて逃亡する。逃亡先では大学教授や弁護士などのインテリを装い、また愛憎を繰り返していた。榎津は翌年1月に逮捕され、判決を受けて処刑される。

実際に起こった殺人事件を題材にした、小説の映画化になる。映像は榎津が逮捕される場面から始まり、取り調べを受けるところが断片的に流れる中、犯行や逃亡劇、更には榎津の少年時代までがピックアップされる。榎津の一家は敬虔なクリスチャンだったが、戦時中に父親が軍の圧力に負けて船を提供させられて以降、榎津は父親や神について疑念を抱くようになり、犯罪に走るようになったとされている。タイトルは新約聖書にある一節だそうで、「我」とは神のことだそうだ。

榎津を緒形拳、父を三國連太郎、妻を倍賞美津子が演じている。脇を固めるのは小川真由美、清川虹子、ミヤコ蝶々、フランキー堺など。監督は、故今村昌平だ。豪華な配役、殺害シーンは実際の場所での撮影、緒形拳の鬼気迫る演技など、非常に密度が濃い作品で、日本アカデミー賞ほかいくつかの映画賞を受賞している名作とされている。がしかし、全体を包むトーンは暗く、重苦しく、観ていてやりきれない気分にさせられる。

関連記事

フラガール(2006年)

昭和40年の、福島はいわき市。人々の多くは石炭を掘る炭坑夫として働くが、閉山が相次いで職を失

記事を読む

白い巨塔(1966年)

山崎豊子原作の小説で、何度となくテレビドラマ化もされている作品である。最初の映像化は、196

記事を読む

復活の日(1980年)

1982年前後。東ドイツの軍が開発していた細菌兵器が盗まれるが、盗んだスパイは事故で墜落して

記事を読む

バトル・ロワイヤル

法案に基づいて行われる、全国の中学生から無作為に1クラスを選び、最後のひとりになるまで殺し合

記事を読む

セーラー服と機関銃(1981年)

目高組の組長が、跡目は血縁者にとの遺言を残して死去。また同じ頃、女子高生の星泉は父を事故で亡

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑