*

ひとごろし(1976年)

公開日: : 最終更新日:2020/11/11 松田優作

ひとごろし(1976年)

剣豪の仇討ちを名乗り出た武士の六兵衛は、実は臆病者で剣もまともに使えない、町の笑い者である。自分はおろか、妹にまで縁談の話が来ないことを妹に責められて名乗り出たのだが、とりあえず旅をする剣豪を追いかけたはいいが、剣で勝負などできるはずもなく、剣豪ににらまれては逃げ惑うばかり。そんな六兵衛がとっさに放った「ひとごろし~」という叫び声に民は反応し、これでいけるとばかりに、六兵衛は剣豪を追い詰める。

山本周五郎の原作で、一見どぎついタイトルとは裏腹に、武士と武士の一騎打ちとは異なる心理戦を、テンポよくかつコミカルに描いている。ふつうに戦えば剣豪が秒殺して終わりそうなものを、臆病者であるはずの六兵衛が徐々に剣豪を追い詰めるさまは痛快だし、剣豪が実は泳げなかったという設定も面白い。そしてラストだが、思いもよらなかった上手な終わり方をしている。

六兵衛を松田優作、妹を五十嵐淳子、剣豪を丹波哲郎が演じている。松田優作が時代劇をやっているというのがまず意外で、びびりまくっているキャラクターを演じているのもある意味貴重。ただ、この人は人間なんてカッコいいものじゃないというのが口癖だったそうで、役を引き受けたのは理にかなっているのかも。びびりでありながら終盤では丹波哲郎を圧倒していて、やはりこの人はすごいと唸らされる。

関連記事

竜馬暗殺(1974年)

坂本竜馬が暗殺される、最後の3日間を独自の解釈で描いた映画だ。 慶応3年。薩長同盟と大

記事を読む

松田優作(2)

今日は三鷹の法専寺というお寺で、松田優作の13回忌法要が行われたようだ。12年前の告別式は同

記事を読む

よみがえる松田優作

教育テレビで、松田優作の特番が放送された。その内容だが、以前、5月に4週に渡って放送されてい

記事を読む

松田優作は生きている

松田優作20回忌にリンクして、BSジャパンで特番『松田優作は生きている』が放送された。

記事を読む

野獣死すべし(1980年)

刑事から拳銃を奪って殺害し、更に闇カジノを襲撃した伊達邦彦。かつては戦場カメラマンとして戦地

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑