*

ジョン・レノン(John Lennon)『Sweet Toronto(DVD)』

公開日: : 最終更新日:2020/10/19 John Lennon , ,

ジョン・レノン(John Lennon)『Sweet Toronto(DVD)』

ジョン・レノンは、1969年9月にカナダで行われた野外イベントに出演。その模様はアルバムと映像で商品化されていて、映像の方を観た。

ジョン以外にも複数のアーティストが出演し、それぞれ1曲ずつ収録されている。ボ・ディドリー、ジェリー・リー・ルイス、チャック・ベリー、リトル・リチャードという、レジェンド級の豪華メンツで、彼らを立て続けに観られるのはかなり貴重で、意味があることだ。

さてジョンだが、バンドメンバーはギターにエリック・クラプトン、ベースにクラウス・フォアマン、ドラムにアラン・ホワイトと、こちらも豪華。そして、ヴォーカルにヨーコが加わっている(名義はプラスチック・オノ・バンド)。

ジョンにとっては、ビートルズが1966年にツアーをやめて以来の観客を前にしたライブになり、突然出演を決めたことから充分なリハーサルができなかったそうだ。よって、演奏のクオリティは決して高いとは言えない。カメラが捉えているのは大半がジョンで、プレッシャーから解放され、楽に歌い演奏しているように見える。ときたま映る、クラプトンもだ。

終盤2曲はヨーコがリードヴォーカルで、個性的なヨーコのスタイルは、賛否分かれるところ。個人的には、以前なら断固拒絶のスタンスだったと思うが、今ならそこまでの反応はない。前衛芸術として、このようなスタイルで活動しているアーティストもいることはいるはずだからだ。ただ、ジョンの音楽性とだけでなく、エンターテイメントとも大きくかけ離れている。

このイベント開催は、ウッドストックの約1ヶ月後。クラプトンにとってはブラインド・フェイス解散直後にあたり、クラウス・フォアマンは以降ジョンをはじめ元ビートルのレコーディングに参加する。アラン・ホワイトは、後々ビル・ブルッフォードの後任として、イエスに加入。ジョンだけでなく、さまざまなアーティストにとって、そして時代が、大きく動いていた時期のように思える。

関連記事

木村佳乃のイマジンロード

生誕70年を迎えた、ジョン・レノン。BSで、特番が放送されていた。 なんだかなーという

記事を読む

ジョン・レノン・ミュージアム

ジョン・レノン・ミュージアム、9月末で閉館

さいたまスーパーアリーナに隣接しているジョン・レノン・ミュージアムが、今年の9月末で閉館にな

記事を読む

KISHIN SHINOYAMA PHOTO EXHIBITIONジョン・レノン、オノ・ヨーコとともに・・・愛のファンタジー(2010年12月)

明治通り沿いにある、アウディ・ジャパン。その名の通りで、1階はアウディのショウルーム、2階が

記事を読む

ジョン・レノン、ニューヨーク(2010年)

ジョン・レノンが住み、愛し、そして最期を遂げた街、ニューヨーク。そのニューヨークをキーワード

記事を読む

篠山紀信展 写真力

篠山紀信展 写真力

横浜美術館で開催されている、篠山紀信展に行ってきた。 展示はいくつかのテーマ毎に区切ら

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑