*

プラダを着た悪魔(2006年)

公開日: : 最終更新日:2020/10/16 コメディ , ,

プラダを着た悪魔(2006年)

ジャーナリスト志望のアンドレアは、ファッションに全く興味がなかったものの、その意外性で一流ファッション誌ランウェイの編集アシスタントに。しかし、絶対的な存在感と権力を持つ編集長ミランダの無理難題に振り回され、私生活はほぼ崩壊。当初はミランダに反発していたアンドレアだったが、ディレクターのナイジェルに厳しく諭されて一念発起し、徐々にミランダの信頼を勝ち取っていく。

アンドレアをアン・ハサウェイ、ミランダをメリル・ストリープが演じている。ファッションに興味がないアンドレアが、いきなり採用されてしまうのも不自然だし、最初の頃にミスを繰り返していれば、そこでもうクビになるだろうに、というツッコミを入れたくもなる。ではあるが、アン・ハサウェイの清々しさが、そうした細かいことを水に流してくれる。先輩アシスタントがエミリー・ブラントだが、交通事故で入院しアンドレアにそのポジションを譲るという、損な役回りに。しかしその後の彼女の活躍を見ていると、貴重な役柄だったとも思える。

とにかく、メリル・ストリープの圧倒的とも言える存在感がすごい。でもこの人、ランウェイ内では絶対的な立場であっても、ファッション業界内でも絶対的でいられるの?という疑問を抱きながら見ていたのだが、後半でその辺に関わる攻防も繰り広げられていて、よくできている。

アンドレアとミランダのどちらに感情移入して見るかで、この作品の見方は大きく変わってくると思う。ワタシの場合は、場面場面で両者の間を行き来していた。アンドレアの考え方が甘っちょろいと思う一方、その若さと初々しさがうらやましく見えることもあった。ミランダの仕事に対する姿勢は、当然といえば当然。そのミランダがアンドレアに徐々に揺さぶられていくところが、見ものになっていると感じる。

関連記事

ドクター・ドリトル

ドクター・ドリトル(ネタバレあり)

動物と会話ができる獣医、ジョン・ドリトル。しかし、冒険家の妻リリーを事故で亡くした後は失意の

記事を読む

最強のふたり(2012年)

事故で首から下が麻痺している大富豪のフィリップは、介護者を面接。失業手当目当てに不採用の証明

記事を読む

ノッティングヒルの恋人(1999)

ロンドン西部ノッティングヒルで、旅行書専門の書店を営んでいるタッカー。ハリウッド女優のアナが

記事を読む

グリーンブック

グリーンブック(ネタバレあり)

1962年のニューヨーク。ナイトクラブで用心棒をしている、トニー・ヴァレロンガ。クラブが閉鎖

記事を読む

キンキーブーツ(2006年)

父の急死で靴工場を相続した主人公チャーリー。しかし工場は倒産直前で、父はそのことを従業員に隠

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑