*

レイジング・ブル(1980年)

公開日: : 最終更新日:2020/09/29 ロバート・デ・ニーロ

レイジング・ブル(1980年)

監督マーチン・スコセッシ、主演ロバート・デ・ニ-ロの黄金コンビによる作品で、実在したボクサーのジェイク・ラモッタの半生を描いている。

怒れる雄牛と言われたジェイクは、勝っていた試合を判定負けにされたり、八百長を仕切る組織と取引をしてしまって負けたりと、なかなか栄光をつかめない。一方プライベートでは若い娘に惚れて結婚するが、ジェイクはいつもいらいらしていて周囲ともうまくいかない。やがて、ジェイクは世界チャンピオンになるが、防衛戦に敗れた後引退し、ナイトクラブ経営に転身。全編モノクロ映画だが、ジェイクが連戦連勝を果たす合間に挿入されている、妻との結婚や家族との交流といった、幸せなひとときの一瞬はカラーで描かれている。

最大の見どころは、防衛戦に敗れた直後に場面が変わったときのジェイクの姿だ。別荘にてボクサーを引退したことを淡々と語るのだが、その体型は大きく変貌している。ボクサー時代のジェイクは当然ながら引き締まった体をしていて、それが引退後は腹回りが大きく膨れ上がっているのだ。今や語り草になっている、役のためにデ・ニーロが実際に体重を20キロ以上増やした結果である。

ボクシングの試合のシーンは「ロッキー」を彷彿とさせるが、スコセッシがほんとうに描きたかったのは、リングにいないときのジェイクの生きざまの方だったようにも思える。ジェイクのマネージャーを務め、後にジェイクと仲違いしてしまった、弟役のジョー・ペシの演技も見逃せない。

関連記事

ミッドナイトラン(1988)

元シカゴ警察のウォルシュは、ロスの保釈金専門の金融会社を利用した被告人を、裁判の日までに連れ

記事を読む

タクシー・ドライバー(1976年)

ニューヨーク。海兵隊を除隊した主人公トラヴィスは、不眠症もあってタクシーのドライバーになる。

記事を読む

ザ・ファン(1996年)

ナイフのセールスマンのギルは、離婚し子供とも自由に会えず、やがて会社も解雇されてしまう。そん

記事を読む

「名探偵コナン」で刑事と容疑者が手錠で

昨日掲載した「ミッドナイトラン」、なぜ今このタイミングなのかというと、12日にテレビで「名探

記事を読む

キング・オブ・コメディ(1983年)

テレビのトーク番組の人気司会者ジェリー・ラングフォードにあこがれる、コメディアン志望のルパー

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑