*

ゲット・ラウド~ジミー・ペイジ、ジ・エッジ、ジャック・ホワイトの共演(日本公開2011年)

ゲット・ラウド~ジミー・ペイジ、ジ・エッジ、ジャック・ホワイトの共演(2011年)

、U2のジ・エッジ、元ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイト、と、世代を超えたスーパーギタリスト3人が集いセッションを・・・という映画なのだが、自分の中で期待しすぎてしまったのか、見終わった後の感想としては「微妙」。

全体的にトーンが低く、地味だった。眠気をこらえるのに必死だった。3人それぞれの出自、、ホワイト・ストライプスの活動を振り返るところに、ああまで時間を割くとは思わなかった。そんなのはフリだけにして、時間の3/4はセッションに費やされるものと勝手に思っていたワタシにとっては、かなりのストレスになった。3/4どころか、1/4にも満たなかったと思う。

映像も、既に商品化されているものの流用が多かった。U2やツェッペリンのライヴシーンなどはもろだったし、ホワイト・ストライプスも、エンドロールを見た限りでは、恐らくDVDからの流用だ。

貴重なシーンがなかったわけではない。ジミー・ペイジの、ヤードバーズ加入以前の活動の様子とか。ジ・エッジが、U2結成の場となったハイスクールを訪れて懐かしむ場面や、プライベートスタジオと思われるところでエフェクターを使い分けて音の出方を解説する場面とか。冒頭で、ジャック・ホワイトがコーラの瓶など廃材を使ってラップスティールのギターを作る場面とか。ただし、場面の移り変わりが激しすぎて、観ていて疲れた。

終盤になり、それまで小出しにされていた3人のトークやセッションがようやく集約され、エンドロールが流れる中ザ・バンドの『The Weight』をセッションして終わる。

関連記事

U2『The Joshua Tree(Super Deluxe Edition)』

U2が1987年にリリースしたアルバム、『The Joshua Tree』。20周年盤のデラ

記事を読む

ルチアーノ・パヴァロッティさん死去

世界3大テノールのひとりである、ルチアーノ・パヴァロッティさんが6日に亡くなった。死因はすい

記事を読む

U2『18 Singles(DVD付限定盤)』

2006年11月、U2がシングルコレクション集をリリースした。 タイトルの通り18曲が

記事を読む

U2、ツアー延期により 払い戻し

さる4日は、日産スタジアムでU2の8年ぶりにして1回きりのライヴが行われていたはずだった。そ

記事を読む

U23D

U23D(日本公開2009年)

U2のヴァーティゴツアーのライヴが、2009年に劇場公開されていた。字幕は全くないが、タイト

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑