*

ボブ・ディラン(Bob Dylan)『ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ー1978-1989 信仰と混迷の時代ー』

ボブ・ディラン(Bob Dylan)『ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ー1978-1989 信仰と混迷の時代ー』

ボブ・ディランのドキュメンタリー映像シリーズVol.3で、取り扱う時代は1978年から1989年。ディランにとっては、苦しい時期に当たる。

1978年の暮れに神の啓示を受け、翌1979年から1981年にかけて、「キリスト教3部作」とされるアルバムをリリース。マッスル・ショールズ・スタジオでレコーディングされた『Slow Train Coming』ではグラミーを受賞するも、続く『Saved』はジャケットに象徴されるように宗教色が更に強くなり、セールスも評価も下降。『Shot Of Love』で締めくくると、『Infidels』で路線修正。しかし、時代がMTVやテクノポップ主流になり、ディランは化石扱いに。なんとか時代に呼応しようとするも、うまくはいかない。

この時期、外部のパートナーとのタッグを通して模索しているのがわかる。ダイアー・ストレイツのマーク・ノップラー、元ローリング・ストーンズのミック・テイラー、スライ&ロビー、アーサー・ベイカーら。&ハートブレイカーズやグレイトフル・デッドらとツアーもおこなった。また、USAフォー・アフリカやライヴ・エイド、ファームエイドといった、社会貢献ものにも参加している。

インタビューに答えているのは、音楽評論家陣が多い。そして、辛口ばかり。当時はともかく、20年30年が経過したのだから、少しはどこかしらに意義を見出してもいいような気がするのだが。ひとりだけ、『Empire Burlesque』について、当時はわからなかったが後年発表された歌詞集を読んで文学性の高い歌詞だと指摘している評論家がいた。

復活の兆しは、ジョージ・ハリスンに誘われてレコーディングしたトラヴェリング・ウィルベリーズ、およびダニエル・ラノワをプロデューサーに迎えて制作した『Oh Mercy』の辺りからとされている。これが1988~1989年のことだ。80年代が終わりを迎え、ディランたちの世代が批判される対象を通過して再リスペクトされるフェーズに入り、ディラン自身も長いトンネルから抜け出しつつあったのだと思う。

ライヴエイドの映像は懐かしかったが、全般的に蔵出し映像は乏しかった。意外だったのは、ディランが「キリスト教」時代にラジオ番組のインタビューに答えていたり、80年代半ばにインタビューに答えている映像があったりしたことだ。20代のときには割と積極的にインタビューを受けていたイメージがあるが、そこであまりに曲解されすぎてうんざりし、以降はほとんど受けなくなったものと思っていたので。

関連記事

みうらじゅん『アイデン&ティティ32』

映画化された「アイデン&ティティ」の原作は、3部作になっている。その3作目、言わば完結編にあ

記事を読む

アイデン&ティティ 映画版その2(2004年)

峯田演じる中島のバンド「スピードウェイ」は、ヒット曲が『悪魔とドライブ』1曲しかなかった。バ

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)、ノーベル文学賞を受賞

日本では熱狂的ファンによる村上春樹の受賞が待たれているノーベル文学賞だが、昨夜、ボブ・ディラ

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)、フジロック’18出演決定

情報解禁が3月16日0時と定められていたのだろう。フジロック公式サイトをはじめ音楽関連サイト

記事を読む

ファクトリー・ガール(2008年)

1960年代半ば。学校を中退し、画家を志してニューヨークに渡ったイーディ・セジウィック。その

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑