*

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)@オーチャードホール 2017年10月17日

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)@オーチャードホール

約2年半ぶりの来日だが、直前に嬉しい贈り物があった。その前回の日本公演の音源を収録したアルバム『The Road East – Live In Japan』が、リリースされたのだ。演奏はもちろんのこと、曲間の日本語を混じえたMCを聴くにつけ、嬉しい気持ちが抑えられなくなった。そして再び、この感動を体感するのだ。

予定を15分ほど過ぎたところで客電が落ち、バンドを従えるようにしてジャクソンが最初に登場。オープニングは聴き覚えのない曲で、はて未発表曲?と思ったのだが、後で調べてなんとトム・ペティ&ハートブレイカーズの『The Waiting』とわかった。演奏後、この日のライヴをトム・ペティに捧げる、といったようなことを言っていたが、まさかこういうこととは気づかなかった(汗)。

バンドは総勢7人。向かって左から右に、キーボード&コーラス、ベース、ドラム、ギター/ラップスティール/ペダルスティール、女性コーラス2人、大柄のギタリスト。2年半前とほぼ同じメンバーかな。腕利きばかりだが、特に2人のギタリストがフィーチャーされていた。インタビューでジャクソンが絶賛していたのがラップスティールのグレッグ・リーズで、なるほど、この人が発する音色はジャクソンのライヴには不可欠と思える。大柄ギタリストのヴァン・マッカラムも、何度もソロパートを担っていた。

ジャクソンもほぼ1曲毎にギターを替えていて、セミアコありストラトありと、この人のギターを見ているだけでも結構飽きない。黒を基調とした衣装で、シャドウの入ったメガネもしくはサングラスをかけていた。髪はさすがに白さが目立つようにはなったが、それでもこの人は充分若々しい。先週10月9日に、69歳の誕生日を迎えたそうだ。

ピアノを弾きながら歌う『Rock Me On the Water』、前半で演奏するとは思わなかったアッパーな『‎Looking East』、初期の名バラード『These Days』と、見どころ聴きどころは多い。気負わずリラックスしていながらも緊張感のあるパフォーマンスをしていて、この現役感の源はどこにああるのだろうと思ってしまう。こうして、1時間弱で第1部が終了した。

約20分の休憩を経て第2部へ。盟友のひとりウォーレン・ジヴォンのカヴァーあり、2002年にリリースしたアルバムのタイトル曲『The Naked Ride Home』、イントロの鍵盤のキレのよさが何度聴いても心地いい『Fountain of Sorrow』など、ギアを一段入れてきた感じだ。スパニッシュなアレンジで女性コーラスをフィーチャーした『Lives in the Balance』も見事だった。

さて、ジャクソン・ブラウンのライヴといえば、恒例なのが客席からのリクエストだ。第1部はほぼジャクソン側のペースで進んでいたが(1曲はリクエスト)、第2部ではあの曲この曲といろいろ曲名が飛び交った。自分の思いを一方的にぶつける行為のようでいて、個人的には複雑な思いで見ているのだが、当のジャクソンはこの状況を嫌がっているわけでもなく、むしろ楽しんでいるのではないかと気づいた。リクエストに応えて演奏されたのが、『Call It a Loan』『Love Needs a Heart』だった。

『The Barricades of Heaven』を経て、いよいよ終盤。ピアノに腰掛けてジャクソンが弾いたイントロは、『The Pretender』だった。え、ピアノ!?ワタシがこれまで観てきたこの人のライヴでは、2004年のソロアコースティックを除きギターを手にしていたと思う。2年半前のツアーでは、ワタシが行った日を含めセットリストから落ちた日もあった。それが今回こうだ。クライマックスの重要な局面に、この人は変化を入れてきた。いや、変化というより進化だ。

場内はほぼ着席だったが、ここでスタンディングオベーションに。室温が上がったような感覚だ。そして、『Doctor My Eyes』へ。ジャクソンがピアノを続けるという効率性もあったにせよ、この繋ぎも驚きだ(現時点の定番なのかも)。そして、問答無用の『Running On Empty』。何度体感しても、感激し感動する瞬間だ。キラーチューンをいくつも持っている人だが、この曲は群を抜いている。

あまり間をおかずにアンコールとなるのだが、ここでまたサプライズが。リクエストに応えての『Somebody’s Baby』!まさか!?個人的に94年にはじめてこの人のライヴを観て以来、ほぼ毎回の来日公演に足をはこんでいるが、観るのは今回がはじめてだ。ジャクソンにとって最もヒットした曲であるにもかかわらず、なぜかライヴの固定ナンバーにはなっていなくて、不思議で仕方がなかった。でも、もうそんなことはいい。ステージで嬉々としてギターを弾きながら歌うジャクソンの姿を、目に焼き付けるだけだ。

セットリスト
第1部
The Waiting
Some Bridges
The Long Way Around
Rock Me On the Water‎
‎Looking East
Farther On(request)‎
These Days‎
Just Say Yeah
Your Bright Baby Blues
第2部‎
Something Fine
Lawyers, Guns And Money‎
The Naked Ride Home‎
Fountain Of Sorrow‎
Lives In The Balance
Call It A Loan(request)
Love Needs A Heart(request)
The Barricades Of Heaven
The Pretender‎
Doctor My Eyes
Running On Empty‎
アンコール
Somebody’s Baby(request)
Take It Easy‎

今回は、とにかく日本に来てくれたことが嬉しかった。というのは、この間にこの人の同世代のアーティストたちが次々に旅立ってしまったからだ。、ウォルター・ベッカー、そして今月はトム・ペティ。そしてライヴは、オープニングにトム・ペティ、中盤にウォーレン・ジヴォン、そしてオーラスにグレン・フライと共作した『Take It Easy‎』と、要所に盟友たちの曲を組み込んだ構成になっていた。ジャクソン・ブラウンは、盟友たちの魂を背負いながら、きっとこれからも歌い続けるに違いない。

関連記事

ジャクソン・ブラウン―ヒズ・ライフ・アンド・ミュージック

ジャクソン・ブラウンのバイオグラフィー本を読んた。ジャクソンの祖父の代から話が始まり、少年時

記事を読む

ジャクソン・ブラウンとカリフォルニアのシンガー・ソングライターたち

先月の来日公演も記憶に新しい、ジャクソン・ブラウン。来日にリンクさせるように、特集ムック本が

記事を読む

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)_オーチャードホール東京最終公演

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)来日中

ジャクソン・ブラウンの来日公演が、今夜の名古屋から始まっている。ワタシは、13日の金曜日、東

記事を読む

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)_オーチャードホール東京最終公演

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)オーチャードホール東京最終公演 #JacksonBrowne

約5年ぶりとなる、ジャクソン・ブラウン来日公演。この日は東京3公演目かつ通算4公演目にあたり

記事を読む

アサイラム・レコードとその時代

「アサイラム・レコードとその時代」という本を読んだ。 アサイラム・レコードは、1971

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑