*

宇宙と芸術展を見に行ってきた

公開日: : アート展

宇宙と芸術展

六本木ヒルズの森美術館で開催されている、「宇宙と芸術展」を見に行ってきた。

前半のブースは、むかしの人たちが宇宙をどう捉えていたかというもの。曼荼羅や天球儀、天体望遠鏡など。竹取物語は世界最古のSF小説だと思っているが、その絵巻もあった。ガリレオやダ・ヴィンチの手帳など、よく残っていたなという貴重な展示もあった。

後半は、人々が実際に宇宙を目指したり、未来に向けてのビジョンを示したりしたもの。隕石の展示、日本人宇宙飛行士による宇宙船内での活動、アブストラクトな映像などがあった。写真のセクシーロボットは日本人が手がけたもので、エアロスミス『Just Push Play』のジャケットにも採用されたものだ。

「宇宙と芸術展」は7月からのロングラン開催で、来年1月9日までおこなわれています。

「宇宙と芸術展」公式サイト

関連記事

国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話

「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」に行ってきた

両国の江戸東京博物館で開催されている、古代エジプト展を観に行ってきた。 展示は古代エジ

記事を読む

It’s a Sony展に行ってきた

銀座のソニービルが3月31日をもって閉鎖され、解体される。ソニー製品のプロモーションとして5

記事を読む

バベルの塔展

ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきた

上野の東京都美術館で開催されている、ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきた。 順路は

記事を読む

草間彌生展「わが永遠の魂」

草間彌生展「わが永遠の魂」に行ってきた

ゴールデンウィーク後半初日の5月3日、朝イチで国立新美術館に行ってきた。9時15分頃に着き、

記事を読む

「怖い絵」展

「怖い絵」展を観に行ってきた

上野の森美術館で開催されている、「怖い絵」展を観に行ってきた。ドイツ文学者の中野京子が200

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑