*

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(1999年)

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(1999年)

遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・。

銀河共和国が勢力を失いつつある中、通商連合が辺境惑星との貿易関税率をめぐって争っていた。惑星ナブーが標的になり、元老院の命を受けたジェダイのクワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービがナブーに派遣される。2人はアミダラ王女を救出し共和国首都惑星に向かおうとするが、宇宙船が損傷してしまい、修理のため砂漠の惑星タトゥイーンに立ち寄る。

一行は、奴隷の少年アナキン・スカイウォーカーと知り合う。アナキンはポッドレースに勝利し、クワイ=ガンは賭け金で船の部品を調達すると共に、アナキンを奴隷から解放。アナキンのフォースの強さは桁外れに強く、クワイ=ガンはジェダイの騎士として育てようとする。しかし、アナキンが加わった一行を、ダース・シディアスの弟子ダース・モールが狙っていた。

劇場公開作品としては4作目だが、劇中の時間軸では最も古く、物語のはじまりはこの中にある。シリーズすべての作品を観ている上で改めて見直すと、後の作品へのつながりがいろいろ感じられて興味深い。アナキンとパドメの出会いは、割と前半の方だった。クワイ=ガンはアナキンを「フォースのバランスをもたらす者」という予言の人物と思うが、それはこの後さまざまな紆余曲折を経て、エピソード6のクライマックスにて結実する。C3-POは、実はアナキンによって作られたドロイドだった。

クライマックスでは、クワイ=ガン&オビ=ワンがダース・モールと対決する一方、アナキンは戦闘機でクローンをコントロールしているステーションを迎撃する。クワイ=ガンが倒されてしまったのはショッキングだったが、クワイ=ガン&オビ=ワンから、オビ=ワン&アナキンのペアへの交代劇にもなっていた。一方でパルパティーンが共和国最高議長に就任し、後々のための足場を固めていたことにも気づかされる。

クワイ=ガンはリーアム・ニーソン、オビ=ワンはユアン・マクレガー、パドメはナタリー・ポートマン。パドメは侍女となり素性を隠していたが、影武者のアミダラ王女はキーラ・ナイトレイが演じていた。白塗りのメイクで、よく見てもキーラとわかるのは難しい。もうひとりの侍女がソフィア・コッポラなのだが、フードで顔を隠していることが多く、こちらも判別は困難だ。

関連記事

スター・ウォーズ サイエンス&アート(2004年6月)

上野にある国立科学博物館で行われている、映画「スター・ウォーズ」の展示を観に行ってきた。

記事を読む

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS(2008)

戦国時代。山名と秋月の戦いで、秋月の城は陥落。秋月の侍の真壁六郎太は、再興のため、雪姫を伴い

記事を読む

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(ネタバレあり)

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(2回目、IMAX3D、ネタバレあり)

12月の公開開始時にはIMAXは2Dしかなかったことから、TCX/アトモスの劇場で鑑賞。しか

記事を読む

スター・ウォーズ展

スター・ウォーズ展

六本木ヒルズで開催されている、スター・ウォーズ展を観に行ってきた。ネットカキコミを見る限り、

記事を読む

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(2002年)

エピソード1から10年後。元ジェダイのドゥークー伯爵を中心とした分離主義勢力が台頭し、共和国

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑