*

グレッグ・レイクさん(Greg Lake)死去

公開日: : ELP

『恐怖の頭脳改革』

グレッグ・レイクさんが7日に亡くなった。69歳だった。ここ数年は、がんで闘病中だったそうだ。

レイクさんは、キング・クリムゾンの初代ヴォーカリストだった。クリムゾンの長いキャリアの中でも今なお代表作とされるファーストアルバムの各曲、中でも最も象徴的な曲『21世紀の精神異常者』は、この人のヴォーカルによるものだった。

1970年、キース・エマーソン、カール・パーマーと共にトリオを組み、3人のファミリーネームをつけてエマーソン、レイク&パーマー(ELP)として活動した。クラシックの大胆な解釈はキース・エマーソンに依るところが大きかったと思われるが、ライヴでは3人が緊張感を保ちつつ死力を尽くすパフォーマンスをしてくれた。

個人的には1度だけ、96年の再々結成時の来日公演で、レイクさんを観たことがある。70年代は細身の凛々しいイメージだったが、このときはがっちりとした巨漢になっていた。ヴォーカルは、CDで聴くのとあまり違和感はなかったように思う。好みもあるが、ベーシストというより、ジョン・ウェットンに並ぶプログレ界最高のヴォーカリストではなかったかと思う。

今年は、ロック界の巨星たちが次々に天国に行ってしまった。キース・エマーソンもそのひとりだった。そして、レイクさんも謹んで、ご冥福をお祈りいたします。

関連記事

エマーソン、レイク&パーマー(EL&P)『40th Anniversary Reunion Concert』

2010年に結成40周年を迎えた、エマーソン、レイク&パーマー(ELP)。イギリスのハイ・ヴ

記事を読む

キース・エマーソンさん(Keith Emerson)死去

元エマーソン、レイク&パーマーのキース・エマーソンさんが10日に自宅で亡くなった。71歳だっ

記事を読む

エマーソン、レイク&パーマー(EL&P)『The Return Of The Manticore』

エマーソン、レイク&パーマーの4枚組ボックス『The Return Of Manticore

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑