*

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

三大魔法学校対抗試合が100年ぶりに行われることとなり、各学校の代表者が炎のゴブレットから選出される。3名の代表者が選出された後、なぜかハリーの名前まで出てしまい、4人で対抗試合が行われることに。

ハリーは3つの課題をクリアしてホグワーツの代表セドリックと優勝を分け合うが、優勝杯がキーになっていて、2人はヴォルテモートの父の墓の前に飛ばされる。セドリックはペティグリューによって死の呪文で殺されてしまい、父の骨、ペティグリューの腕の肉、そしてハリーの血によって、ついにヴォルテモートが復活してしまう。

シリーズ第4作だが、セドリックの死やヴォルテモートの復活など、今までの作品に比べて最も暗く、そして重い。前半ではハリーが対抗試合に出ることでロンをはじめ仲間から総スカンを食うが、終盤のドス黒い雰囲気の比ではない。ヴォルテモートは白い肌にスキンヘッドで、なぜか鼻がなく、不気味で異様だ。

そんな暗い雰囲気のヴォルテモートの復活劇だが、ハリーとの対決においては、ハリーの両親の霊が現れてハリーを助けるくだりに、少しだけ救われる。これまで語り継がれてきたヴォルテモート、ハリーの両親、そしてハリーの対峙が、少しの時間ではあるが再現した瞬間だったのだ。

今回、セドリックはハリーに並ぶ正統派キャラの立ち位置で、演じているのは「トワイライト」シリーズのロバート・パディンソンだった。

関連記事

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART.2(2011年)

分霊箱を次々に壊す、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人。その最後のひとつがホグワーツ魔法魔術

記事を読む

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 を読んだ

文芸雑誌ユリイカで、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。実は出版

記事を読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009年)

ホグワーツ魔法魔術学校の教師スネイプは、ヴォルテモートから危険な指令を受けたドラコ・マルフォ

記事を読む

ハリー・ポッター展

ハリー・ポッター展(2013年9月)

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて開催されている、ハリー・ポッター展を観に行ってき

記事を読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

ハリーは、アズカバンを脱獄したシリウス・ブラックが自分の命を狙っていることを知る。シリウスは

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑