*

太陽の帝国(1987年)

太陽の帝国(1987年)

1941年の上海。両親と暮らす英国人少年ジムは、零戦にあこがれていた。やがて太平洋戦争が勃発し、ジムは両親と離れ離れになり、日本軍に捕らえられて収容所に送られる。アメリカ人のベイシーやフランク、医師のローリングらと知り合いながら、ジムは少しずつ成長していく。

スティーヴン・スピルバーグが監督し、日本の軍人として伊武雅刀やガッツ石松などが出演したことから、公開時にかなり話題になっていた記憶がある。がしかし、物語を包むトーンはかなり地味な印象だ。戦争に絡めてはいるものの、戦争そのもののシーンは少なく、収容所での日本軍の傍若無人さも、抑え目に見えてしまった。

そのような作風にしているのは、主人公ジムの明るさを引き立たせるためだと思う。このジムを演じるのが、今や『ダークナイト』シリーズや『ターミネーター4』などで押しも押されぬ俳優になったクリスチャン・ベール。公開時、ベールは13歳だった。現在のベールの活躍ぶりを知った上で観る、という楽しみ方もある。

ベイシーがジョン・マルコヴィッチで、怪演俳優のイメージが強い人だが、ここではまだまともな方。ジムの悪友として、あるいは兄貴分として振る舞い、観ていて爽快さがあった。

関連記事

未知との遭遇 ファイナル・カット版

第二次大戦中の戦闘機が発見され、UFO出没、停電事故など、各地で不可思議な現象が頻発。電気技

記事を読む

ミュンヘン(2006年)

1972年にドイツで行われた、ミュンヘンオリンピック。開催中の選手村にパレスチナのゲリラ8人

記事を読む

レディ・プレイヤー1(ネタバレあり)

2045年、オハイオ州コロンバス。スラム街のトレーラーハウスで暮らさざるをえない人々の多くは

記事を読む

A.I.(2001年)

近未来。ヘンリーと妻モニカのもとに、少年型ロボットの試作機デイビッドが送られる。ふたりにはマ

記事を読む

リンカーン(2013年)

南北戦争で北軍を率いるリンカーン大統領は、戦争の早期終結のため合衆国憲法の修正案可決を目指す

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑