*

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(1980年/1997年)

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(1980年/1997年)

エピソード4から3年後。帝国軍は反乱軍を追い詰めんと各地に調査用ドロイドを飛ばし、氷の惑星ホスの反乱軍基地を探し当てて壊滅させる。反乱軍はそれぞれに撤退する中、ルークはオビ=ワンの声を聞き、マスター・ヨーダに会うべく惑星ダゴバに向かう。

ハン・ソロとレイアを乗せたミレニアム・ファルコンは、帝国軍のスター・デストロイヤーの追撃からなんとか逃れ、ソロの旧友ランド・カルリシアンが統治する惑星に向かう。ダゴバに不時着したルークは小柄な老人に出会うが、この人こそがヨーダだった。

全9部作のうち、中間の3部作の2作目にあたる。前作ではあまりはっきりしなかった、フォースの概念やジェダイ騎士の存在などが少しずつ明確になり、ルークはヨーダの指導を受ける。一方、組織に縛られない自由を望むソロは反乱軍を離れようとするが、レイアと行動を共にするようになり、2人は徐々に心を通わせるようになる。

終盤、ソロが帝国軍に囚われてしまい、冷凍化されてしまうというショッキングな場面が描かれる。ただ、その直前にレイアとソロが交わすやりとりが、とても素敵だ。「I love you」というレイアに対し、ソロは「I love you,too」ではなく、「I know」と答えるのだ。

前作では直接対峙することのなかったルークとダース・ベイダーだが、今回はついに直接対決となる。ベイダーがルークを右手ごと切り、更にダメ押しで自分は父だと告げる場面は、先のソロとならびショッキングだ。ただし、そこに至るまでの2人の闘いでは、(結末を知っているからかもしれないが)ベイダーはルークを試しているように見える。自らは暗黒面に落ち、ヨーダとは立場がまるで異なるとはいえ、フォースを操れる者としてルークを指導しているようにも見える。

「さよなら銀河鉄道999」で、主人公鉄郎を呼び寄せたのはメーテルではなく、黒騎士ファウストだった。全身をブルー&ブラックの鋼鉄の鎧で覆った姿は、ダース・ベイダーのイメージにかなり近い。加えて鉄郎の父であり、かつてはハーロックやエメラルダスとの戦友でもあったという設定も、かなり似ている。

関連記事

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(ネタバレ注意)

スター・ウォーズ・シリーズのスピンオフ作品だが、期待以上の出来だった。個人的に、2016年は

記事を読む

隠し砦の三悪人(1958)

戦国時代。山名と秋月の戦いで、秋月の城は陥落。秋月の侍の真壁六郎太は、再興のため、雪姫を伴い

記事を読む

衝撃のスター・ウォーズ展

「衝撃のスター・ウォーズ展」に行ってきた

汐留の日テレタワー内で開催されている、「衝撃のスター・ウォーズ展」に行ってきた。去年は、同じ

記事を読む

もうひとつのスター・ウォーズ展に行ってきた

映画「ローグ・ワン」公開にリンクした「もうひとつのスター・ウォーズ展」が汐留で開催されていて

記事を読む

スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ エピソード9 スカイウォーカーの夜明け(ネタバレ注意)

死んだと思われていたが、意識が残存しシステムに接続していた、シスの暗黒卿ことパルパディーン。

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑