*

椎名林檎『Ringo Expo 08』

公開日: : 椎名林檎/東京事変

椎名林檎『Ringo Expo 08』

椎名林檎がデビュー10周年公演をさいたまスーパーアリーナで行ったときの映像を観た。確か3日連続で行われていて、ワタシは2日目と3日目に行っていた。映像は、3日目のものだ。

亀田誠治を含むバンドもいるが、斎藤ネコが指揮するオーケストラ演奏の方がベースになっている。オープニングが『ハツコイ娼女』だが、まるで鹿の角のようなかぶりものをして出てきたのに、まず度肝を抜かれる。彼女がステージに立つときは必ず何かを仕掛けてくるのだが、その姿勢は全く揺らぐことがない。

序盤はソロ初期の曲が中心で、ワタシが彼女を知ってのめり込むきっかけになった曲『ここでキスして。』も早々に披露。『宗教』はオーケストラによるインストで、この間スクリーンには彼女のデビューから10年間の歩みが紹介されていた。

林檎は衣装替えして再登場し、まずは『ギブス』。これも初期の名曲だ。終盤になると打ち込み音のビートがどんどん加速し、オーケストラでのイントロによる『闇に降る雨』へとつなぐくだりはほぼアルバムまんまで、絶妙で、圧巻だ。『浴室』では林檎は歌いながら包丁でリンゴを切るというパフォーマンスを(たぶん用意された映像を流していて、その場で実際に切ってはいないと思う)。

オケによるインストの『やっつけ仕事』となり、今度は林檎の生い立ちが紹介。そのナレーションは、なんと彼女の息子だった(当時7歳だったかな)。再び衣装替えした林檎。『茎(STEM)』を経て、実兄椎名純平とのデュエットで『この世の限り』『玉葱のハッピーソング』を。後者はファンク色が濃く、純平のテイストが映える。純平は、ネイティヴアメリカンがかぶるようなものを被っていた。

終盤、『積木遊び』では4人の女性ダンサーが、続く『御祭騒ぎ』では大勢の阿波踊りの人たちが出てきて、もはやカーニバル状態。本編ラストはソイルとのコラボナンバー『カリソメ乙女 Death Jazz Ver.』だった。アンコールは2回あって、彼女が7歳のときに書いたという『みかんのかわ』や『正しい街』などを披露。オーラスは、当時は曲目不明の新曲だったが、後に『三文ゴシップ』に収録される『余興』だった。

ソロでも事変でも、ツアーはホールやライヴハウスが大半だった。彼女の実力と人気からすれば、アリーナクラスでも遜色ないのは明白で、たまアリ進出はむしろ遅すぎた感すらあった。そして、自分が観た公演が記録され、観ながらそのときのことをいろいろと思い出す機会にもなった。つい先日のことのようだが、いつのまにか7年も経っているのだ。

関連記事

椎名林檎『座禅エクスタシー』(DVD)

椎名林檎のライヴDVD『座禅エクスタシー』を観た。2000年7月に福岡の嘉穂劇場で行われたラ

記事を読む

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ(生)林檎博'18ー不惑の余裕ー 2018年11月25日

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ(生)林檎博’18ー不惑の余裕ー 2018年11月25日

24日公演の興奮も覚めあらぬ中、再びさいたまスーパーアリーナへ。個人的に、この日は24日より

記事を読む

Flowers Of Romance image

椎名林檎、Rock In Japan Fes.に出演

全くノーマークだったのだが、昨夜発表になったロック・イン・ジャパン・フェス(RIJF)出演アーティス

記事を読む

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ(生)林檎博'18ー不惑の余裕ー 2018年11月24日

椎名林檎@さいたまスーパーアリーナ(生)林檎博’18ー不惑の余裕ー 2018年11月24日

いまだかつて、椎名林檎のライヴでこれほどまでにサプライズが起こりまくったことがあっただろうか

記事を読む

Flowers Of Romance image

Rock In Japan Fes.タイムテーブル発表

フジロックの翌週から2週に渡って開催される、ロック・イン・ジャパン・フェス。フジロックのタイムテーブ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑