*

サマソニにトム・ヨーク!

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Summer Sonic 2015 , , ,

67組の追加を見ても、全くテンションが上がらなかった。しかし、サマソニのたったひとりの追加アーティストを見て、ぶったまげた。

サマソニにトム・ヨーク!

サマソニ東京の土曜深夜がHostess Club Weekender(HCW)になることは、既に発表されていた。それが、正式名をHostess Club All-Nighterとして、昨日6組のアーティストの発表があった。筆頭にあった名前が、トム・ヨークだ。日本に来るのは、2012年フジロックのレディオヘッド以来になる。

トムだけではない。フランツ・フェルディナンドとスパークスの混合バンドF.F.S.に、HCWのヘッドライナーを務めたこともあるスピリチュアライズドの名前もある。日中のラインナップにもひけを取らない、かなりインパクトのある顔ぶれだ。いや、ステージと時間帯が凝縮されている分だけ、豪華さの度合いは一層すさまじい。

4日にはナオト・インティライミなどを中心に追加発表をしていて、日本勢を突っ込んで集客確保に走り出したかと思ったが、ここで一気にロック色が打ち出された。しかし、深夜も眠らせない気か(笑)。

関連記事

バイオ(Baio)@サマソニ2015

ヴァンパイア・ウイークエンドのベーシスト、クリス・バイオのソロプロジェクト。ステージ前方にセットが設

記事を読む

プリティ・ヴィシャス(Pretty Vicious)@サマソニ2015

マウンテンステージのマーモゼッツと迷ったが、個人的にはこっちを選んで「当たり」だった。ドラム、ベース

記事を読む

郷ひろみ@サマソニ2015

ここまででいちばん汗かいた(笑)。ヒロミゴーすごかった! まず、バンドがみな上手かった。ドラム、ベ

記事を読む

スレイヴス(Slaves)@サマソニ2015

ウルフ・アリスのときに見かけた外人2人は、やはりスレイヴスだった。ひとりはタトゥーを指先にまで入れて

記事を読む

サマーソニック2015(Summer Sonic)を振り返る

今年はソニックマニアをパスし、サマーソニック東京2日間の参加だった。リストバンド交換とグッズ購入時以

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑