*

隠し砦の三悪人(1958)

公開日: : 最終更新日:2015/12/28 スター・ウォーズ

隠し砦の三悪人(1958)

戦国時代。山名と秋月の戦いで、秋月の城は陥落。秋月の侍の真壁六郎太は、再興のため、雪姫を伴い同盟国の早川に入ることを思案していた。いったん山名領に入ってから早川を目指すという、百姓の太平と又七のアイディアを買い、身分を隠して2人と共に早川を目指す。

監督黒澤明、主人公六郎太を三船敏郎という、黄金コンビでのテンポのいい時代劇だ。勝ち気な雪姫は上原美佐という人が演じているが、この人はわずか3年で女優業を引退している。太平と又七のデコボココンビは、千秋実に藤原釜足という、こちらも黒澤作品では常連だ。

物語の序盤は、太平と又七の視点から描かれる。2人はグチばかりこぼしケンカもしょっちゅう、でもどこか憎めないキャラクターだ。中盤からは六郎太の活躍が冴え、三船敏郎のカッコよさが際立つ。体型は割とスリムで、馬に乗って敵を追う場面では、両手で刀を構えつまり足だけで馬を操っている。これをスタントなしで自らこなしているというから、すごい。

終盤、雪姫と六郎太は山名に捉えられるが、六郎太とは宿敵にして盟友の山名の田所兵衛の裏切りにより、無事早川にたどり着く。はぐれていた太平と又七を呼び寄せ、ここではじめて身分を明かし、2人に褒美をとらせる。2人は、喜ぶというより目を白黒させていた。

なぜ今この作品を見たのか。それは、この作品は「」の最初に作られたエピソード4に大きな影響を与えているからだ。冒頭とラストはそのもの酷似しているし、姫を助けるのがモチーフになっているのも似ている。そして何より、太平と又七はC3-POとR2-D2のモデルになっているのだ。

関連記事

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(ネタバレあり)

細かいところでのツッコミどころは満載だ。設定が荒かったり、不自然だったりする。そういうところ

記事を読む

衝撃のスター・ウォーズ展

「衝撃のスター・ウォーズ展」に行ってきた

汐留の日テレタワー内で開催されている、「衝撃のスター・ウォーズ展」に行ってきた。去年は、同じ

記事を読む

アート・オブ・スター・ウォーズ エピソード3展(2005年8月)

「スター・ウォーズ エピソード3」劇場公開にリンクするようにして、アート展が開催。なぜか会場

記事を読む

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(ネタバレあり)

2時間半を超える大作だったが、ここで終わりか、いやまだ続く、を繰り返す、個人的に見応えのある

記事を読む

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(2005年)

クローン大戦の勃発から、3年が経過。共和国の最高議長パルパティーンが分離主義勢力に捉えられ、

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑