*

WORLD HAPPINESS 2015、出演アーティスト発表

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 YMO , ,

高橋幸宏がキュレーターを務め、毎年8月に東京で開催されている野外フェス、ワールドハピネス。今日、出演アーティスト第一弾として3組が発表された。

(高橋幸宏 × 小山田圭吾 × 砂原良徳 × TOWA TEI × ゴンドウトモヒコ × LEO今井)
TRICERATOPS
Controversial Spark

個人的には、この3組だけで行く価値がある。さあ、どうしよう(笑)。

トライセラトップスは何度か観ているバンドで、解散もメンバー交代もせず、続けてくれているのが嬉しい。もっとメジャーブレイクしていいバンドなんだけどなあ。Controversial Sparkは、鈴木慶一によるバンドだそうで、こちらも気になる。

しかし、しかし、なんと言ってもMETAFIVEだ。この顔ぶれがひとつのステージに立つだけでも奇跡的なのに、バンドとして活動するのは更に奇跡的だ。去年のワーハピも、METAFIVEがトリだった。個人的には、11月に科学未来館で行われた攻殻機動隊のイベントでライヴを観ているが、分厚いデジタルビートの洪水に圧倒されてしまった。

各々がそれぞれに活動していることもあり、去年限りで今後5年10年のスパンで見られなくなるものと思っていた。実際、幸宏も攻殻イベントの際このメンバーでできるのはこれが最後かもと言っていた。それが、早くも実現してしまった。

ワーハピには、2011年に行ったことがある。その直前のフジロックでのYMOのステージに圧倒され、帰宅後すぐさまチケットを取った。暑さにはじまり途中雨にも降られたが、豪華な顔ぶれを一度に観ることができて、満足度の高いフェスだった。

ワーハピは開催日程がサマソニとまるかぶりすることがあって、それまでは行くに行けないこともあった。わざとぶつけてるのではと、勘ぐってしまうこともあった。今年は、重なっていない。さあ、どうしよう(笑)。

関連記事

METAFIVE@Zepp Divercity 2016年12月3日

土曜日の公演でライヴハウスでMETAFIVEなのだから、当然完売。グッズの先行販売にも長蛇の

記事を読む

坂本龍一|設置音楽展

坂本龍一|設置音楽展に行ってきた

新譜『async』リリースに伴う坂本龍一の展示が、4月から開催されていた。今までそれに気づか

記事を読む

細野晴臣イエローマジックショー3@東京国際フォーラム ホールA

細野晴臣イエローマジックショー3@東京国際フォーラム ホールA

前日の「50周年記念特別公演」に引き続き国際フォーラムへ。ステージ両サイドのスクリーンは、前

記事を読む

ロック・クロニクル・ジャパン Vol.1 1968ー1980

個人的に、洋楽ロック史はざっくりではあるが認識しているつもりでいる。しかしながら日本のロック

記事を読む

細野晴臣イエローマジックショー

「細野晴臣イエローマジックショー」というDVDを観た。2001年4月にNHKで放送された特番

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑