*

アリス・イン・ワンダーランド(2010)

公開日: : 最終更新日:2016/10/29 ティム・バートン

アリス・イン・ワンダーランド(2010)

19歳のアリスはパーティーで貴族の御曹司と婚約させられそうになるが、混乱して逃げ出してしまう。白いウサギの後を追ううちに大木の根元の穴に落ち、不思議の国にたどり着く。アリスは6歳のときにも不思議の国に行ったことがあったが、本人は夢の中の出来事と記憶していた。

不思議の国は、赤の女王に支配された暗い世界になっていた。アリスはしばらくは今回も夢の中の出来事と思い込んでいたが、自分が預言書に記された救世主と知らされる。白の女王やマッドハッターらの力を借り、赤の女王との対決に臨む。

名作文学「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をベースとし、「その後」という設定にしている。しかし作品を読んでいないワタシとしては、監督のティム・バートンらしさがにじみ出た作品として楽しんだ。

不思議の国のウサギや猫や鳥、クライマックスでアリスと対決するジャバウォック(竜のような架空の生物)など、人間以外の生き物もこどばを発する。赤の女王は頭部が大きく、アリスもケーキを食べて体が大きくなる。

アリスはミア・ワシコウスカ(「ジェーン・エア」)、マッド・ハッターはジョニー・デップ、赤の女王はヘレナ・ボレム・カーター、白の女王はアン・ハサウェイという、結構豪華な布陣。そのほか、動物の声も俳優陣がこなしている(今回は吹き替え版で観たので、あまり実感できず)。

関連記事

ティム・バートンの世界

ティム・バートンの世界

六本木ヒルズで開催されている展示「ティム・バートンの世界」を観に行ってきた。ゆったり観られる

記事を読む

ビッグ・アイズ

ビッグ・アイズ(ネタバレあり)

1958年。娘を連れ、夫から逃げ出した画家志望のマーガレットは、同じく絵を描くウォルターと知

記事を読む

  • open all | close all
PAGE TOP ↑