*

TEMPLES_Hostess Club Weekender

公開日: : 最終更新日:2020/06/13 Hostess Club Weekender 2015.2.

音楽メディアでは、かなりプッシュされているテンプルズ。しかし、去年フジロックで観たときは、個人的に今ひとつにしか感じなかった。それから半年が経過し、さて今回は・・・。

ドラム、ベース、ギター&キーボード、ギター&ヴォーカルの4人編成。キーボードに機材トラブルがあったようで、前半はローディーが何度もステージに出てきては調整していた。メンバーも、少しイラついていたように見えた。

曲はほとんどすべてがミディアム調で、そしてサイケデリック。レトロではないが、かといって新鮮にも響いてこない。もっと弾けてムチャクチャ暴れてもいいと思うのだが、ワイルドな外見とは裏腹にスマートで手堅いライヴをしているように見えて、ちょっと物足りない。

後半になり、15分かあるいはそれ以上のインプロヴィゼーションが繰り広げられ、ようやくパフォーマーとしての力量を垣間見ることができた。サイケなスタイルであることもあり、観ているうちに吸い込まれていくような魔力が感じられた。こういうのが、観たかった。

関連記事

Hostess Club Weekender初日

TUNE-YARDS_Hostess Club Weekender

メリル・カーバスという人のプロジェクト。編成は、スタンディングドラム、ベース、コーラス2人、そしてメ

記事を読む

Hostess Club Weekender、2月22日

ST.VINCENT_Hostess Club Weekender #hostessclub

この日いや2日間で最も楽しみにしていたはずのセイント・ヴィンセントだったが、開演直前に不安になってし

記事を読む

Hostess Club Weekender2日目

REAL ESTATE_Hostess Club Weekender

セットチェンジの際、運ばれてくるドラムセットに乗っかりメンバー全員が登場。そのまま自分たちでセッティ

記事を読む

Flowers Of Romance image

11月開催Hostess Club Weekenderが中止に

本来なら11月2日3日に開催されるはずだった音楽イベント、Hostess Club Weekende

記事を読む

Hostess Club Weekender初日

EAST INDIA YOUTH_Hostess Club Weekender

男性ひとりのユニット。広いステージの中央前方に小さく組まれたセットは、iBookやキーボードやシンセ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑