*

EAST INDIA YOUTH_Hostess Club Weekender

公開日: : 最終更新日:2015/02/23 Hostess Club Weekender 2015.2.

男性ひとりのユニット。広いステージの中央前方に小さく組まれたセットは、iBookやキーボードやシンセドラムなど。これらを操り、サンプリングやビートを組み合わせ、時には自らギターも弾く。前半は宅録風のフォーキーな曲だったが、後半になるとエモーショナルになり、かつデジタルビートの度合いを増していった。

個人的にHCWに参加するのはこれが3度目だが、いずれも初日トップはひとりユニット。そして、彼らはいずれも素晴らしく、かつ可能性を多く秘めている。去年のフジロックで知れ渡ったアウスゲイルは、1年前のHCWのトップだった。

関連記事

Hostess Club Weekender2日目

TEMPLES_Hostess Club Weekender

音楽メディアでは、かなりプッシュされているテンプルズ。しかし、去年フジロックで観たときは、個人的に今

記事を読む

Flowers Of Romance image

Hostess Club Weekender(2015年2月開催)、最終ラインナップ発表

11月開催のHostess Club Weekender(HCW)は、ラインナップがなかなか決まらな

記事を読む

Hostess Club Weekender初日

TUNE-YARDS_Hostess Club Weekender

メリル・カーバスという人のプロジェクト。編成は、スタンディングドラム、ベース、コーラス2人、そしてメ

記事を読む

Hostess Club Weekender、2月21日

BELLE AND SEBASTIAN_Hostess Club Weekender #hostessclub

以前のHCWでトラヴィスやモグワイを観たときにも同じことを感じたのだが、それ以前に出演したアーティス

記事を読む

Hostess Club Weekender2日目

REAL ESTATE_Hostess Club Weekender

セットチェンジの際、運ばれてくるドラムセットに乗っかりメンバー全員が登場。そのまま自分たちでセッティ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑