*

【まとめ】攻殻機動隊ARISE ‘border:less experience,

公開日: : 最終更新日:2021/06/13 攻殻機動隊 , ,

ロジコマ

・ライヴ編
・トークイベント編

会場は日本科学未来館で、1階の企画展示ゾーンがライヴスペース、シンボルゾーンがトークイベントのスペースになり、ライヴのセットチェンジ中にトークが行われるという進行だった。トークイベントのステージ向かって右には、ロジコマが展示。ロビーではグッズ販売がされていたほか、スクリーンにて歴代攻殻の映像を流していた。

コーネリアスや高橋幸宏の音楽に親しみ、攻殻機動隊シリーズもいちおう観ている身としては、その都度行ったり来たりして、トークイベントもライヴも両方楽しんだ。イベントの規模としてはそこそこあると感じていて、ちょっとしたフェスティバルと言ってもよかったと思う。

しかし、進行には疑問が残る。特設サイトにはトークイベント開催についての追加告知はあったが、いつはじまるという具体的な告知がなく、正直言って不安だった。入場し場内アナウンスを聞いて、はじめてライヴとトークが交互に行われることを知った次第だ。

開場17時開演18時、終演は21時30分を過ぎていたと思う。トークイベントは2回とも話の途中で時間切れになっていたので、もっと早い時間帯にもっと枠を確保して開催した方がよかったと思う。開場時間以降は、ライヴに徹するのでよかったのではないだろうか。

このイベントはスペースシャワーTV主催なこともあり、もちろんカメラが入っていた。来年1月に同テレビでオンエアされるそうだ。

関連記事

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をIMAXで観た

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』をIMAXで観た

近未来。技術の発展によって、人間の脳から直接ネットワークに接続できる電脳化、および人体の義体

記事を読む

イノセンス(2004年)

2032年。少女型のアンドロイド(劇中ではガイノイドと呼ばれている)が暴走して人間を殺害する

記事を読む

攻殻機動隊Stand Alone Complex / Solid State Society

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIGの後になる長編作品が、『Solid State Soc

記事を読む

攻殻機動隊 大原画展

攻殻機動隊 大原画展

池袋で開催中の「攻殻機動隊 大原画展」を観に行ってきた。 場所は池袋西武別館の2階。副

記事を読む

ユリイカ2005年10月号 特集=攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX

2005年に出版されたムックで、ワタシは2012年に入手し、読んでいた。 タイトルの通

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑