*

フジロックフェスティバル’14(Fuji Rock Festival)を振り返る(1) – 会場など

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14 ,

【天候】
初日と2日目は快晴で、とにかく暑かった。気温は2日目の方が上がったが、日差しは初日の方がキツく、ここで両腕を日焼けした。3日目にミストレベルの雨が降ったりやんだりしたが、続けて参加している身としては降ったうちに入らない。というか、おかげで日中から涼しくなり過ごしやすかった。

【動員】
主催者発表で前夜祭1万人、初日2万7000人、2日目3万5000人、3日目3万人、計10万2000人とのこと。例年より少なくなったのは、ラインナップが要因だろう。特に初日は結構すかすかで、でもおかげさまでトイレや食事で並ばずに済んだので、こういう年もありかもと思う。

【物販】
アーティストグッズは、初日の11時から並び、Route17をBGMにしながら約1時間かかって購入。列は例年より短かった(去年は2時間かかっていた)。オフィシャルグッズは、同じく初日の夜に、ベースメント・ジャックスを半分程度で切り上げ、待ち時間なしで購入。Tシャツはアイテムによってはサイズがなくなっていたが、なんとか目当てのものが手に入った。

【前夜祭】
今年は去年以上に早く、18時過ぎに会場入りできた。盆踊りもフラダンスも観たし、抽選会にも参加できた。20時の花火を合図にレッドマーキーの前夜祭がはじまり、今年はキノコホテルの名前があったので、何年ぶりかに参加した。

【見かけた芸能人やアーティスト】
ハライチ澤部と岡本玲
→アーティストグッズ売り場にて。芸能人パワーを使わず、一般客と一緒に列に並んでいた。去年澤部と一緒にいた岡田将生は、今年は来ていなかった模様。

堀江博久、ジェームス・イハ
→グリーンステージ左前方にて。参加者に溶け込んでいて、誰も気づいていなかった。

栗原類、IMALU、小山田圭吾、ストライプス、アウスゲイル、ペインズ、ハートブレイクス、chara
→レッドマーキーにて。小山田、ペインズ、charaはライヴを観ていた(たぶん類も)。他は、ミニライヴやサイン会のために移動するところだった。IMALUは、ヨメさんには人違いじゃないと言われたが、本人がブログに書いていたので、彼女だったと確信。

関連記事

Flowers Of Romance image

Gotch@フジロック’14

アジカンのヴォーカル、後藤のソロ。最後の1曲だけ観た。シンプルな編成かと思いきやフルバンドで、ギター

記事を読む

Flowers Of Romance image

18回目のフジロック

私的タイムテーブル(fromためてぼ天国) フジロックフェスティバルも、回を重ねて今年は18回目だ

記事を読む

Flowers Of Romance image

デーモン・アルバーン(Damon Albahn)@フジロック’14

ブラーは今年1月に来ているが、デーモンがフジロックのステージに立つのは、99年以来実に15年ぶりだ。

記事を読む

Flowers Of Romance image

フォスター・ザ・ピープル(Foster The People)@フジロック’14

観るのは数年前のサマソニ以来だが、彼らは更に力をつけた。ドラムとパーカッションによるビートの厚みに乗

記事を読む

Flowers Of Romance image

OK Go@フジロック’14

10年選手のバンドだが、観るのはたぶんはじめて。ギター&ヴォーカル、ベース、キーボード&ギター、ドラ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑