*

キング・オールスターズ(The King All Stars)@フジロック’14 #fujirock

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Fuji Rock Festival'14

加山雄三を佐藤タイジやウエノコウジ、名越由貴夫、武藤昭平(勝手にしやがれ)、モンゴル800のキヨサクらがバックアップする、ジャパニーズドリームバンドだ。東北復興のためARABAKI ROCK FEST.でお披露目された彼らが、フジロックに降臨。フジで、加山雄三を観られる日が来るとは!

加山は黒を基調とした衣装でステージ中央に立ち、2曲目から自らギターを手にして歌う。MCも豊富。「ありがとう」を何度も連呼し、バンドを素晴らしいメンバーたちと称える。ロックンロールで行きたかったのに、スローな曲が流行ったからそっちに行っちゃったとも。加山は自分で曲も詞も書くらしく、じゃあそれやりましょうとバンドメンバーに言われるそうだ。

調べたら、加山は現在77歳。芸能界において押しも押されもしない確固たる地位にいるはずだが、そこに安住することなく、自らを若い世代の前にさらし、アピールせんとする姿勢こそが素晴らしいのだ。カッコいいとはこういう人のことを言うのだと、ワタシは思う。

後半はエルヴィス・プレスリーのカヴァーで攻め立て、タイジや武藤が書いた曲を歌う。そしてハイライトは、必殺の『君といつまでも』だった。日本人ならほとんど誰もが知っている、揺るぎようのないアンセムだ。ラストは加山自らキーボードを弾きながら歌った。

このスーパーバンド、オレンジかよ。グリーンステージでよかったじゃないか。

関連記事

Flowers Of Romance image

ヨーコ・オノ(Yoko Ono Plastic Ono Band)@フジロック’14

ビッグネームと言っていいオノ・ヨーコが、なぜにマーキーなのか。その答えは、彼女のパフォーマンスにあっ

記事を読む

CROSSBEAT Special Edition 最速完全レポート!! フジロック&サマーソニック2014

というわけで、クロスビートのフェス速報号を、今度は間違えずに(笑)購入した。 表紙はア

記事を読む

ドラゴンドラ

ドラゴンドラ乗るのは、2002年、2012年に続いて3回目。

記事を読む

Flowers Of Romance image

アーケイド・ファイア(Arcade Fire)@フジロック’14 #fujirock

9年前にサマーソニックのソニックステージ中盤で、6年前にスタジオコーストで観たアーティストが、フジロ

記事を読む

Flowers Of Romance image

The Pains Of Being Pure At Heart@フジロック’14

観るのは3年前のフジロック以来で、ステージも同じレッドマーキーだ。まずはギター&ヴォーカルの人がひと

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑