*

オリエント急行殺人事件(1974年)

2017/12/13 | 探偵もの

1935年。エルキュール・ポアロはロンドンに向かうべく、オリエント急行に乗車。しかし、一夜明けた翌朝、乗客のひとりラチェットが殺害され、ポアロは乗客への聞き込みを開始する。ラチェットは自分の命

続きを見る

オリエント急行殺人事件(ネタバレあり)

1934年。フランス行きの列車オリエント急行に乗っていたエルキュール・ポアロは、一夜開けて乗客のひとりラチェットが殺害されるという事態に出くわす。鉄道会社のブークの依頼もあり、ポアロは捜査を開

続きを見る

『別冊映画秘宝ブレードランナー究極読本&近未来SF映画の世界』を読んだ

「ブレードランナー」の35年ぶりとなる続編「ブレードランナー2049」公開に際して発売された、映画秘宝の別冊ムックを読んだ。 最初に、共感できなかったところを先に書いてしまう。好みの問題

続きを見る

フィリップ・K・ディック『ゴールデン・マン』

SF作家フィリップ・K・ディックの短篇集で、6本の物語から成っている。注目は、表題作の「ゴールデン・マン」と「小さな黒い箱」の2篇だ。 「ゴールデン・マン」は、映画「ネクスト」の原作。ワ

続きを見る

フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

戦争によって汚染されてしまった地球にて、人間は細々と生きながらえており、一方で火星への移住が進められていた。火星での作業用アンドロイドは外見は人間と区別がつかない精巧さだが、そのアンドロイドの

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑