*

息子の部屋(2001年)

公開日: : 最終更新日:2022/06/16 Brian Eno

息子の部屋(2001年)

イタリア映画で、2001年カンヌ映画祭のパルムドール賞を受賞した作品『息子の部屋』を観た(日本公開は2002年)。

精神分析医のジョヴァンニは息子アンドレアとジョギングに行く約束をするが、急に往診に行くことになって約束を先延ばしにしてしまった。その日アンドレアは友人と海に潜ったが、事故で亡くなってしまう。ジョヴァンニは往診に行ったことを悔いて分析医の仕事もままならなくなり、友人の分析医に相談に行ったり、妻パオラとの関係もぎこちなくなったりする。

そんなある日、アンドレア宛にガールフレンドのアリアンナから手紙が届く。パオラは彼女にアンドレアが亡くなったことを伝え、彼女はヒッチハイクしながらこの家族に会いに来たと話す。彼女とことばを交わし、次のヒッチハイク先まで送るという奇妙な旅をすることになり、家族の間には途絶えかかっていた絆がよみがえってくる。

この作品は、公開当時に劇場で観た。評判がよかったことなどもあるが、決定打となったのはTVCMだ。映画のシーンのバックに流れるは、なななななんとブライアン・イーノの『By This River』。イーノ77年のアルバム『Before And After Science』に収録されていて、この時期コラボレートもしていたクラスターも制作に参加している。

この曲は、劇中でも2度流れる。ひとつは、ラストで家族が絆を取り戻すシーン。もうひとつはそれより少し前のシーンで、音楽に疎いジョヴァンニがアンドレアへのプレゼント用にとCDショップに行き、店長が見繕って選んでかけたのがこの曲。しかしなあ、こりゃ息子へのプレゼントというよりは、監督自身の趣味なんじゃないのか?と思ったら、ジョヴァンニを演じている人が映画の監督及び脚本を務めていることを、観終わった後に知った。

関連記事

ブライアン・イーノ(Brian Eno)のインスタレーション展「77 Million」@ラフォーレ原宿

ブライアン・イーノは、これまでにも不定期に音と映像のコラボレーション展示を断続的に行っていた

記事を読む

Brian Eno『One Eno』

ブライアン・イーノ(Brian Eno)『One Eno』

ブライアン・イーノは、1993年にドキュメンタリーのショートフィルムを発表している。当時は、

記事を読む

『イーノ入門──音楽を変革した非音楽家の頭脳』を読んだ

京都で開催されるブライアン・イーノのインスタレーション展「BRIAN ENO AMBIENT

記事を読む

レコードコレクターズ ブライアン・イーノ特集

物持ちがいい性分で(物を捨てられないとも言う)、狭い自宅を更に狭くしている状態だが、たまには

記事を読む

ブライアン・イーノ(Brian Eno)『77 Million Paintings』

ブライアン・イーノは2006年にラフォーレ原宿でインスタレーション展をおこなっていて、そこで

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑