*

MW-ムウ- 第0章-悪魔のゲーム-

公開日: : 最終更新日:2021/02/17 手塚治虫

MW-ムウ- 第0章-悪魔のゲーム-

手塚治虫原作の社会派作品『MW』が、2009年に実写版映画として公開された。公開日の少し前、映画で描かれる物語の3ヶ月前という設定の、テレビスペシャル「第0章」が放送されていた。

不況で職を失った青年隆志は、知人のつてで運び屋をすることに。しかし、それは結城美智雄がMWの情報を知るための手だてのひとつに過ぎなかった。隆志は親に捨てられ孤児院で育つが、実は父親は生きており、亡くなった母は雑誌記者でMWの謎を追っていた、という筋書きに。ある日運び屋のルールを破った隆志は、結城の差し金で2人の男のうちひとりを殺すよう仕向けられる。どちらかひとりは隆志の実の父、もうひとりは隆志の母を殺した男だった。

隆志を佐藤健、隆志の幼馴染みのゆかりを谷村美月、隆志に運び屋を斡旋する男を小出恵介。映画本編の主人公結城の玉木宏も、ちょこっと登場する。

映画本編にリンクしていく話ということもあるのか、手塚の原作では全く描かれていないオリジナルストーリーである。ワタシは、劇場版よりも先にコチラを観た。知りえた情報から察するに、劇場版は原作に忠実というよりは、原作にアイディアを得ただけでかなり独自性を出しているようだ。原作は一通り読んでいて、手塚には珍しい社会派の作風だ。主人公は犯罪者であり、アンチヒーローだ。

関連記事

わたしの手塚治虫~こころに残る名場面・名セリフ

NHK-BS2では、今年生誕80年を迎える手塚治虫を、1年に渡って特集してきた。4月からはレ

記事を読む

ブラック・ジャックスペシャル -命をめぐる4つの奇跡-

手塚治虫の代表作のひとつ、ブラック・ジャック。無免許医でありながらその技術は天才的で、世界中

記事を読む

鉄腕アトム

2003年4月7日。故手塚治虫の代表作『鉄腕アトム』の主人公ロボットのアトムが、物語の中で誕

記事を読む

手塚治虫の全て

手塚治虫生誕80年の一環で、NHK-BS2で特番『手塚治虫の全て』が放送された。 4時

記事を読む

手塚治虫・現代への問いかけ-ヒーロー ブラック・ジャックからの問いかけ

NHK-BSで4日連続で放送される手塚治虫の特番、3日目はブラック・ジャックを軸にされていた

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑