*

ジョン・ウェットンさん(John Wetton)死去

公開日: : King Crimson

John Wetton『Chasing The Dragon』

英国ベテランシンガー/ベーシストのジョン・ウェットンさんが31日に亡くなった。癌で闘病中とのことで、眠っている最中に息を引き取ったそうだ。67歳だった。多くのバンドを渡り歩き、自身の名義でソロ活動をおこなってきた人だが、突出しているのはキング・クリムゾンとエイジアだ。

キング・クリムゾンでは72〜74年の「ヘヴィーメタル期」に在籍。メンバーチェンジが激しく、時期によって作風は変わるが、個人的にはウェットンさんが在籍したこの時期が最も好きだった。アルバム毎にメンバーがひとりずつ離脱するという事態は、週末に向かって突き進むようでもあり、最終作『Red』は、行き着くところまで行き、燃え尽きんばかりの凄まじさと緊張感が漂う傑作になった。ロバート・フリップがここで解散を告げたというのも、頷けるというものだ。

もうひとつは、80年代以降断続的に活動していたエイジアだ。カール・パーマー、スティーヴ・ハウ、ジェフ・ダウンズ、そしてウェットンさんの4人で結成され、4人とも実績のあるバンド出身であることから、プログレ界のスーパーグループと呼ばれた。しかし、長尺でドラマ性に満ちたプログレとは真逆の3分間ポップを目指し、実際商業的に成功。産業ロックと揶揄もされたが、『Heat Of The Moment』『Only Time Will Tell』聴いてしまえば、くだらない雑音など気にならなくなる。

個人的には、ウェットンさんのライヴを3度観たことがある。90年中野サンプラザのエイジア、97年クアトロでのソロ、2006年原宿アストロホールでのウェットン/ダウンズだ。90年のエイジアは、内容についての記憶はほとんどない(汗)。覚えているのは、ウェットンさんの「キミタチサイコーダヨ」というMCくらい。これがお約束のMCだと、後々気づくことになる。

最後に観た2006年のライヴは、正直観ていて厳しいものがあった。スリムだったはずのウェットンさんは肥えてしまい、歌も演奏もノスタルジックで、昔の名前で出ています的な空気になっていた。ジェフ・ダウンズのプレイにより、かろうじて現在進行形にとどまらんとしていた記憶がある。

個人的に最もよかったのは、97年のソロだ。自身のソロだけでなく、エイジアやUKの曲も演奏され、この人のキャリアを横断するセットリストになっていた。そして、クライマックスはクリムゾンの『Starless』だった。前半4分程度がヴォーカル部だが、そこで打ち切られることなくインプロヴィゼーションに突入したとき、場内からはどよめきが起こった。クリムゾンの、いやロック界の極点に行き着いた曲が、ウェットンさんによって再構築されたのだ。

願わくば、クリムゾンでのウェットンさんの歌とプレイを1度でいいから観たかった。謹んで、ご冥福をお祈りいたします。それにしても、去年キース・エマーソンとグレッグ・レイクが亡くなり、そして今回ウェットンさんまで。残念だ。

関連記事

King Crimson『Eyes Wide Open』

キング・クリムゾン(King Crimson)『Eyes Wide Open Disc 1』

キング・クリムゾンのライヴDVDを観た。2枚組になっていて、Disc 1は2003年の東京公

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)『Frame By Frame(紅伝説)』

キング・クリムゾンが、1991年に4枚組のボックスセットをリリースしていた。ワタシは、ほぼ発

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)『The Great Deceiver』

『Frame By Frame(紅伝説)』のリリース翌年の1992年、キング・クリムゾンは『

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)@オーチャード・ホール 2015年12月17日

キング・クリムゾン(King Crimson)@オーチャード・ホール 2015年12月17日

会場内のあちこちに録音撮影禁止の告知があった。開演直前には女性係員によるアナウンスがあった後

記事を読む

キング・クリムゾン(King Crimson)のメンバー

さて、今回のクリムゾンのメンバーは、90年代のダブル・トリオ期6人をしのぐ、7人編成になって

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑