*

ハリー・ポッター展(2013年9月)

ハリー・ポッター展

六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーにて開催されている、ハリー・ポッター展を観に行ってきた。

この展示は前売り・当日とも完全日時指定。ワタシは14時の回で前売りを取っていて、13時30分過ぎに入場券との交換を3階で済ませ、ほぼ強制的に(笑)写真を撮らされ(背景はランダムに設定されるらしい)エレベーターで53階へ。そこで並んでいるうちに14時になった。チケットには2時間の枠があることはあるが、早めに交換した方が混雑の度合いが少ないようだ。

最初のブースでは、ナビゲーターがホグワーツ魔法魔術学校入学時に組分け帽子を被って寮を決める「儀式」を、客の中から2名だけ指名して実施。次のブースでは全8作の中からランダムに映像が流れ、そして実物大に近いホグワーツ特急の脇を通って各展示に行くという順路に。このイントロダクションは、展示というよりディズニーランドのアトラクションにも近いものがあって、その豪華さに圧倒される。

各ブースは、ハリーやロン、ハーマイオニーらの衣装の展示、寮の部屋の再現、杖や透明マントなどの小道具の展示などになっていて、要所に映画の映像をモニターで流していた。中盤にはハグリッドの部屋の再現があり、大きな椅子には座れるようになっていた。スネイプの化学薬品やロックフォードの著書など、映画を観ている人であればピンと来る小ネタもある。

ワタシはこの時点で後半3作品未見の状態で臨んだが、展示の大半は前半に集中していたように思え、不明と感じたところはあまりなかった。校長やシリウスに関わる展示が、もう少しあってもよかったかなあとは思うが、満足度はかなり高い。

展示が終わるとお約束のグッズコーナーとなり、杖や忍びの地図といった、内容にリンクする小道具、マフラーやトレーナーなどの衣類などがあった。カエルチョコもあって買いたかったのだが。結構値が張っていたのでパス。最初に撮影した写真、確認や購入も希望者はココで求めることになる様子だ。

関連記事

ニューズウィーク日本版特別編集 『ハリー・ポッター』 魔法と冒険の20年 を読んだ

ニューズウィークの、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。ユリイカ

記事を読む

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

両親のいないハリー・ポッターは人間の家に預けられて育つが、半ば虐げられている状態。11歳にな

記事を読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

ヴォルテモートの復活を認めようとしない魔法省は、ハリーを強引に裁判にかけたり、魔法魔術学校に

記事を読む

ユリイカ 2016年12月号 特集=『ファンタスティック・ビースト』と『ハリー・ポッター』の世界 を読んだ

文芸雑誌ユリイカで、ハリー・ポッターとファンタスティック・ビーストの特集本を読んだ。実は出版

記事を読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART.1(2010年)

ヴォルデモートは魔法省を支配し、デスイーターとなったスネイプが魔法魔術学校の校長に就任。ハリ

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑