*

ファクトリー・ガール(2008年)

公開日: : Bob Dylan

ファクトリー・ガール(2008年)

1960年代半ば。学校を中退し、画家を志してニューヨークに渡ったイーディ・セジウィック。その美貌に心奪われる男性も少なくなく、あるパーティで知り合ったアンディ・ウォーホールもそのひとりだった。やがてイーディはウォーホールの表現の場である「ファクトリー」に出入りするようになり、実験映画に出演し話題となる。そんな中、イーディの旧友がある人物を彼女に引き合わせる。当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった、ロックシンガーのボブ・ディランだった。

イーディは良家の娘ではあるが、厳格で体面を気にする父とは折り合わなかった。ウォーホールとイ-ディとの関係はつかず離れずで、恋仲というよりは娘とその保護者のような関係に見えた。一方ディランとは恋仲にはなるものの、ディランはウォーホールがイーディを仕事上のパートナーのひとりとしてしか見ていないことを見抜き、イーディに警告し彼女の元を離れて行く。そしてウォーホールもイーディを相手にしなくなり、彼女はドラッグに溺れ、経済的にも追い詰められていく。

イーディはドラッグの更生施設に入り、退院し結婚するが、その半年後にオーバードーズで死去。28歳の若さだった。栄光から破滅へと転落していくさまは、なんだかもの悲しい。そしてウォーホールも、ポップアートの巨匠というよりは、周囲の目を気にかけ評判を気にし、常に怯えている悲しい男のように映る。

ワタシはヴェルヴェット・アンダーグラウンドのプロデュースやストーンズのジャケットといった、音楽との接点くらいでしかウォーホールを知らないが、ここでのウォーホールは、自らがゲイであることをカモフラージュするために、イーディやニコを自分の隣に置くようにしていたのではと推測してしまう。この作品はイーディの物語であると同時に、ウォーホールの物語でもあるように見える。

キャストは、イーディにシエナ・ミラー、ウォーホールにガイ・ピアース、ディランにヘイデン・クリステンセン。捨てられボロボロになったイーディがウォーホールに食ってかかるシーンには、シエナの女優魂がにじみ出ている。

関連記事

ボブ・ディラン&ザ・バンド(Bob Dylan And The Band)『ダウン・イン・ザ・フラッド ー1965-1975 地下室とビッグ・ピンクの時代ー』

去年、『我が道は変る』というボブ・ディラン活動初期のドキュメンタリーを劇場に観に行った。この

記事を読む

みうらじゅん『アイデン&ティティ32』

映画化された「アイデン&ティティ」の原作は、3部作になっている。その3作目、言わば完結編にあ

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)絵画展(2010年11月)

ボブ・ディラン(Bob Dylan)絵画展(2010年11月)

六本木テレビ朝日内のギャラリーで行われている、ボブ・ディランの絵画展を観に行ってきた。

記事を読む

アイデン&ティティ 映画版その1(2004年)

14年前、映画「アイデン&ティティ」を劇場で観た。東京圏では渋谷と吉祥寺のミニシアターのみの

記事を読む

ボブ・ディラン(Bob Dylan)、フジロック’18出演決定

情報解禁が3月16日0時と定められていたのだろう。フジロック公式サイトをはじめ音楽関連サイト

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑