*

THE DIG Presents USロック 幻の名盤 featuring ニール・ヤング

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 Neil Young ,

THE DIG Presents USロック 幻の名盤 featuring ニール・ヤング

USロック幻の名盤を扱ったムック本を読んだ。

名盤とされながらやっとCD化されたり、あるいは未だにされていなかったりという作品を取り上げ、ワタシからすればかなりマニアックに思える領域にまで踏み込んでいる。正直言って、ついて行けないところもある。

そんなワタシにとっても、有用なコンテンツは豊富だ。巻頭に配された、ニール・ヤングのアーカイヴボックス。ボブ・ディランのブートレッグシリーズから、『Another Side Of Self Portrait』。ジミヘン、マイクブルームフィールド、後期バーズ、デラックス/レガシーエディション特集などだ。

消費者の保存しやすさなどまるで無視したようなバカデカい箱としてリリースされた、ヤングのアーカイヴス。この編集スタッフの中になんと日本人がいて、その人のインタビューをとることに成功している。アーカイヴ第2集についてはもちろん、内輪の人として見るヤングの人となりなども語られていて、とても興味深い。

この本と、先に発売されている「CSN&Y」とは、ある部分で姉妹作のような関係にあると思う。CSN&Yの1974年ライヴについても、言及されているし。バーズ作品については、意図的なのか偶然なのか、両者をフォローすることにより作品の全貌が掴めるようになっている。

ワタシはバーズはファーストしか聴いていなかったし、バーズとはすなわちロジャー・マッギンそのものと思い込んでいた。がしかし、この2冊を読むことで、ひと通り聴いてみたくなった。

関連記事

THE DIG Special Edition CSN&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ & ヤング)

去年発売された、CSN&Yの特集本を読んでいる。 登場人物は、デヴィッド・クロスビー、

記事を読む

ザ・ブリッジ・スクール・コンサート(The Bridge School Concerts 25th Anniversary Edition)

ニール・ヤングが夫人のペギーと共に開催してきた、ブリッジ・スクール・コンサート。障害を持つ子

記事を読む

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑