*

「 リドリー・スコット 」 一覧

それから(1985年)

明治後期。長井代助は大学を出ても仕事につかず、親の資金によって優雅に暮らしていた。あるとき、大学時代の同期の平岡、そしてその妻三千代と再会。三千代は2人と同期だった菅沼の妹で、菅沼はチフスで亡

続きを見る

『ブレードランナー証言録』を読んだ

映画「ブレードランナー」(以下「2019」)の関係者4人のインタビュー集だが、そのうち2人、ハンプトン・ファンチャーと渡辺信一郎は『kotoba 2018年春号』に掲載された内容に加筆修正され

続きを見る

kotoba ブレードランナー2019-2049

年4回刊行されている「kotoba」という雑誌があって、2018年春号はブレードランナー特集号だった。とても読みごたえがあった。 「ブレードランナー2049」(以下「2049」)が公開さ

続きを見る

ブレードランナー2 レプリカントの墓標

2020年8月ロサンゼルス。レイチェルを伴い北の山奥に逃れた、元ブレードランナーのリック・デッカード。レプリカントのレイチェルには死期が迫っていて、冷凍睡眠によりかろうじて生きている状態だった

続きを見る

アメリカン・ギャングスター(2007年)

1968年.ニューヨークのハーレムを仕切っていたギャングのボスが亡くなり、その運転手だったフランクは、自分が仕えてきたボスのやり方を会得し、更にはベトナム戦争で出兵していたいとこを利用し、東南

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑