*

「 フランシス・フォード・コッポラ 」 一覧

フランケンシュタイン(1994年)

18世紀後半。船で北極を目指す探検隊が、瀕死の男を救出。その男ヴィクター・フランケンシュタインは、船長のウォルトンに自らの半生となぜ自分がここにいるかを語り出す。フランケンシュタインは大学で生

続きを見る

ドラキュラ(1992)

トランシルヴァニア城主ドラキュラ伯爵は、自分が戦死したという誤報を聞き自殺した妻の死を嘆く。自殺した魂は神に救われないとされていることから、ドラキュラは神への復讐を誓い、血を吸って生き永らえる

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑