*

「 トーキング・ヘッズ 」 一覧

ブライアン・イーノ(Brian Eno)『14 Video Paintings』

ブライアン・イーノが80年代にVHSで発表したふたつの映像作品が、2005年に『14 Video Paintings』というタイトルでDVD化されている。 『Mistaken Memor

続きを見る

ラモーンズが本人役で出演『ロックンロール・ハイスクール』(1979年)

とある高校に、新しく女性の校長が赴任。規律を厳しくし、生徒を統制しようとする。自由奔放な女生徒リフと、マジメで優等生の女生徒ケイトのふたりは、性格は正反対だがなぜか気が合う友人の仲。リフはラモ

続きを見る

アメリカン・ユートピア(ネタバレ注意)

デヴィッド・バーンのライヴをスパイク・リーが監督を担った映画、『アメリカン・ユートピア』。タイトルは、2018年にバーンが発表したアルバム名になる。 客席側を除く三方が簾で覆われたステー

続きを見る

トーキング・ヘッズ(Talking Heads)『Stop Making Sense(DVD)』

トーキング・ヘッズの、という枠を超えてロックDVDの名盤となっている『Stop Making Sense』を観た。 まずはデヴィッド・バーンがひとりだけで登場し、ラジカセを足元に置いてア

続きを見る

きっとここが帰る場所(2011年)

なんともぱっとしない、記憶しづらい邦題だが、原題は『This Must Be The Place』となっていて、特に音楽ファンには楽しめ、かつ突っ込める映画だ。 元ロックアーティストのシ

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑