*

「 スタンリー・キューブリック 」 一覧

スタンリー・キューブリック『シャイニング』を分析した『ROOM237』

スタンリー・キューブリックは、自身が監督した作品の中にさまざまな仕掛けやメッセージを仕込んでいる、という話はなんとなく聞いたことがある。それを検証したかのような、『ROOM237』という作品を

続きを見る

「インセプション」をIMAXで観た

クリストファー・ノーラン監督の最新作「テネット」公開にリンクした企画として、この人が監督した作品がIMAXで上映されている。先月の「ダークナイト」に続き、今度は「インセプション」を観た。

続きを見る

「キューブリックに愛された男」を観た

スタンリー・キューブリックに関わるドキュメンタリー映画だが、映画制作とはまた別のところでキューブリックに近かった人のドラマであり、それがキューブリックの人物像を映し出すことにもなっている。

続きを見る

「キューブリックに魅せられた男」を観た

スタンリー・キューブリックに関わるドキュメンタリー映画だが、映画制作においてキューブリックに近かった人のドラマであり、それがキューブリックの人物像を映し出すことにもなっている。 俳優レオ

続きを見る

未来世紀ブラジル(1985年)

「20世紀のどこかの国」が舞台。情報剥奪局はテロリストのタトルを逮捕しようとするが、タイプミスで全く無関係の市民バトルを逮捕してしまう。情報剥奪局はこのミスを隠蔽しようとするが、情報局のサムは

続きを見る

  • 全て開く | 全て閉じる
PAGE TOP ↑